背すじをピン!と 〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜 ネタバレ 感想 83話 84話 予想

▶︎背筋をピン!との82話へ戻る

▶︎背筋をピン!との84話へ進む

背筋をピン!との記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

背すじをピン!と ネタバレ感想83話

今回は巨勢先生が誰かと会話をしているところから始まります。

二年前に卒業した”教え子”たちが出場するから、とイギリスに旅行へ来たとのこと。
そしてブラックプールのウィンターガーデンエンプレスポールルームを前に「”Shall we ダンス?”とかで見たまんま!」と感心しています。

スポンサーリンク

目を輝かせる巨勢先生の前に現れたのはゼッケンをつけた土井垣・綾辻ペア。
「元気だった?二人とも!」「はい元気です!」と抱き合う綾辻と巨勢先生。

「わざわざイギリスまで申し訳ないわぁ〜」という土井垣に、巨勢先生はちょうど夏休みで海外旅行に行きたかったから気にするなと言います。
久しぶりの巨勢先生の姿に涙ぐむ綾辻。

「部活はどうですか みんな元気にしてますか〜?」と泣く綾辻に、「元気元気 今は新人の指導と全国大会の準備で忙しくしてるよ」と巨勢先生が答えます。
「応援にいけなくてごめんなさい」という伝言には、土井垣がイギリスだし来なくていいと言います。

八巻・椿ペアからは卒業してから連絡を取っていないという巨勢先生。
しかし「あの2人なら元気すぎるくらい元気でしょ」と心配していない様子。それは土井垣も同じようでした。

久々の再開に会話に花を咲かせる土井垣と綾辻を呼びに来たのは、永島沙羅でした。
「はじめまして」という永島に、大会などで一方的に知っているという巨勢先生。

「二人ともそろそろ」と永島に促されて、土井垣と綾辻は巨勢先生と別れます。

巨勢先生は旦那さんから「二年前よりぐっと成長してたか?」と問われ、「概ね相変わらず」だと言います。
そして、「だからこそ いざ世界に挑むって時にも あのたのもしさは健在だ…!」と語ります。

舞台は変わって東京の空。
八巻のスマホが椿からの着信を告げます。

どうやら寝坊をした様子の八巻。
夜遊びを指摘され、「一人暮らし始めたばっかの典型的な浮かれポンチ」とまで言われてしまいます。

追撃で「いつも朝優しく起こしてくれるかいがいしい彼女は?」と言われ、「…別れたよ…!」と言い返します。
一か月も経ってないという椿に、「てめぇのせいでもあるんだよ!!」と逆切れする八巻。

八巻はどうやら彼女に「だって章くん…ダンス(あの子)の方が大事でしょ?」と言ってフラれたようです。
これは……競技ダンサーあるあるですね。
競技ダンサーの多くはカップルが実際の恋人ではない人が多いのですが、そのことを実際の恋人に理解してもらえないことのほうが多いです。

かなり老齢のご夫婦でもこの問題は心あたりのある人が多いようなので、若い人なら言わずもがなですね。
墨田区の小竹ダンススタジオに駆け込んだ八巻。
教え子とみられる子供たちに「遅っせーよ八巻先生ーッ」と怒られてしまいます。

「大人には色々あるんだよ!着替えてくるからちょっと待ってろ!!」という八巻に教え子は「さっきまで秋子先生超怒ってたぞー!」と言います。
途端にびくっとする八巻。

「お…や…やるか…!?」とファイティングポーズをとりますが、椿は「…あたしが手ェくだすまでもないわ…」とあきれた様子。

そこに登場したのはオーナーだという小竹先生。
プロとして右も左も分からなかった八巻・椿ペアに指導をしてくれた先生のようです。

「オーナーの俺より重役出勤とはいい度胸だな 八巻」と言う小竹先生に「なんで今日に限っているんすか…!!」という八巻。
そりゃ、椿もあきれますね…

日暮里のスタジオへ移動中、椿は八巻に「たいがいにしなさいよ!?」と説教をします。
どうやら八巻が問題を起こすと、連帯責任で椿も連れ戻されるというシステムのようです。

それに関して「理不尽だが逆らえねぇ…秋子の親父ドチャクソ恐かったからな…」と思う八巻。
椿とプロとしての道を歩むにあたって、ちょっとした障害だったようです。

日暮里のスタジオで八巻たちを迎えたのは、畔田・仙崎ペアと麹町・倉見ペアでした。
倉見さんも麹町と変わらずカップルを組んでるんですね!
ライバルとしてフロアで戦った彼らがともに切磋琢磨していると思うと感慨深いものがあります。
麹町がストレッチ中の八巻に土井垣たちの応援にイギリスまで行くのかと問いますが、八巻は「行かねーよ さすがに」と答えます。
畔田が「薄情な後輩だぜ」と言いますが、八巻は「情だけでイギリスまで行けるか 金もかかるし ダンスやってるやつがみんなオメーみてーなボンボンじゃねーんだよ」と言います。
それに畔田は「俺…ボンボンか…?」と困惑気味。
こればかりは仙崎の「だいぶボンボン」というセリフに賛同せざるを得ません。

さらに、八巻は「それにな俺の初渡英は応援する側としてじゃねェ 出場する側として行きてェんだよ…!!」と宣言します。
椿もいい表情ですね。

スポンサーリンク

この二人が2年の間にどのような話をしてプロの世界へと飛び込んだのかが気になりますね……
少なくとも椿は高校在学中のミーハー感が抜けて、しっかりとプレイヤーとして確立されているのかな、と思います。

八巻章・椿秋子組はプロ一年目で、「海外派遣選考会」に挑むようです。
プレイヤーとしての登竜門ですね……
一方静岡県立鹿鳴館高等学校では。
土井垣・綾辻ペア、八巻・椿ペアが卒業し、新しく部長となったのは土屋でした。
新入部員(?)達が並ぶ前で、「えーとじゃあ今日も楽しく練習しましょう」と練習前の挨拶をする土屋。

ここで今回は終了です。
まさかの二年後のストーリーが始まってしまいました!

土井垣組、八巻組はあまり見た目に「変わった!」と言う感じがしませんでしたが、土屋や亘理はやっぱりお兄さん・お姉さんになった!と言う感じがしますね。
あの自信のなかった土屋が最高学年として、どういう部活に作り上げているのか、どういうダンスをするのか興味がそそられます!!

◆ここからが次の84話の予想!

もちろん次回は鹿高競技ダンス部の2年後のストーリーが展開されるでしょう!
土屋・亘理組の「新必殺技」や藤田のパートナーがついに明かされると思うとドキドキしますね!
また宮大工組の近況もおそらく次回明かされるのでしょう。

土井垣組のブラックプールでの競技、八巻組の海外派遣選考会、そして鹿高競技ダンス部のオールジャパンジュニアダンススポーツカップと今後は盛りだくさんの内容になりそうですが…

次回はまだまだ2年後の近況報告のようですので、今回未登場のキャラクター達の近況が気になりますね!

▶︎背筋をピン!との84話へ進む

▶︎背筋をピン!との82話へ戻る

背筋をピン!との記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク