リヒトの巨大な光魔法を止める為、
魔法帝は全魔力で阻止するものの
隙をついたリヒトの剣に倒れました。

その続きです。

▶︎147話へ進む

▶︎145話に戻る

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

ブラッククローバーのネタバレ感想146話。147話の予想。アスタの熱血指導!

スポンサーリンク

リヒトは倒れた魔法帝の魔石を
二つ手に取り握りしめました。

ヤミが魔力を立ち昇らせて
刀を抜きます。

「…どういうことだ…

ヴァンジャンス…!!」

リヒトは片目から涙を流して笑います。

「ご機嫌よう、ヤミ・スケヒロ…。

私はリヒトだ…。
ウィリアムは眠っているよ…。」

「あ゛?
覚悟出来てんのか…!?」

遠く離れた回廊ではマルクスが
ガクガク震えていました。

「こんなことが…!

こんなことがあるはずがない……!
ユリウス様が…こんな……!!」

ヤミが怒鳴りました。

「何してやがるマルクス――――!!!!

治療だ!!
とっととオーヴェンのオッサン
呼んで来やがれバカヤロォ――――!!!」

「……ハイッ!!」

我に返ったマルクスは慌てて動き出します。

リヒトが言いました。

「…無駄だよ…。
この男はもう死ぬ…!

最後までこの国の人間を
護り抜いた…。

敬意を表するよ。
魔法帝ユリウス・ノヴァクロノ。

…だが…」

突然空間から裂け目が現れました。

「!」

ヴァルトスが現れ叫びます。

「リヒト様ァ―――!!」

リヒトは光速で移動しながら言いました。

「我々とオマエ達が解り合うことは
二度と無い…!!」

そのままヴァルトスの空間魔法に
飛び込みます。

【 闇魔法 ”闇纏・次元斬り”!!! 】

建物ごと空間を切り裂きますが
ヤミの剣はあと一歩届きませんでした。

「……チッ」

― 逃がした…!! ―

倒れる魔法帝の元へ駆け寄ります。

「ユリウスのダンナ…!!
しっかりしろ―――…!!」

魔法帝は弱く答えます。

「…………ヤ…ミ……。

さっきの魔法…凄いね―――…。
空間を…斬るなんて…。」

「んなこと言ってる場合かよ……!」

「本当に…凄い…魔法騎士に…
なったね……。」

「……だから…もう28だって
言ってんだろ…。

いつまでもガキじゃねーんだ…。」

魔法帝は空を仰ぎます。

「頼もしいね…。
次の世代がしっかりと育ち…

さらに次の世代が芽吹いている…。

私の思いは…

次代の魔法騎士達へと続いている…。」

その頃浮遊魔宮ではメレオレオナが
激しい連打でライアを打ちのめしていました。

「燃え尽きろォー!!!」

アスタもゾラも立ち尽くしています。

ライアは打たれながら笑いました。

― まいったねこりゃ……。

その強さ、認めてやるよ
王族のネーチャン。 ―

ライアの第三の目からズ…と
魔力が放出されました。

― だからこそ

自爆魔法で道連れに
しといてやるよ

一撃入れたら
即座にドカンだ ―

アスタが瞬間に反応して
ライアの魔法を反魔の剣で
無効化します。

「だらああ」

「!!」

レオナがピタと拳を収めました。

シュウウウとライアの魔法が沈静化します。

「………」

― 反魔法の小僧――――…!!

読みも動きもどういう
スピードだよ…!! ―

アスタはギュッと拳に力を入れました。

「同じよーに自爆しようとしたヤツ
2人も見たからな…。

いい加減もうわかってたぜ
三つ目コノヤロー…」

突然ライアを思い切りぶん殴りました。

「 命を粗末にするんじゃねぇぇ―――!!!! 」

「―――…」

ライアは地面に倒れこみます。

アスタは怒鳴りました。

「何なんですかオマエ達は―――――ッッ!!?

奪われたとか人間への復讐とか
よくわかんねーけど…
人間じゃないんですか―――!!?

まずオマエらの話
ちゃんと聞かせろ!!!
そしてオレの話も聞け!!!

その前に勝手に死ぬのは
許さァァ――――――ん!!!!」

ゾラはため息をつきました。
ライアはあっけにとられます。

レオナの霊獣の手がアスタの頭を
がしっっと掴みました。

「キサマよくも私の闘いに
割って入ってきたな…!!」

メラメラ魔力を燃やすレオナに
アスタが冷や汗をかきます。

― え―――― ―

レオナが言いました。

「白夜の魔眼は我々と
解り合う気などない…!

だからここで
潰しておかねばならん…!!

殺してでもな…!!」

アスタはキョトンとしました。

「…?何でですか??

解り合えますよ。

だってコイツらも
オレ達と一緒じゃないですか。

大切なモノを傷つけられて
怒ってる…!」

魔法帝は空を見上げていました。

― 私が目指したもの…
つくろうとした未来は…

そう遠くないと
信じているよ… ―

スポンサーリンク

アスタは続けます。

「王族でも

貴族でも

平民でも

下民でも

人間じゃなくても…」

魔法帝は微笑みました。

― 差別や憎しみのない国を

君達とつくる新しい未来を… ―

「そこに暮らすみんなが
認め合って笑い合える自由な国。

オレが魔法帝になって
つくりたいのはそんな国です…!!」

「……」

レオナは笑います。

― この莫迦者…

大それたことを
真っ直ぐ言い切りおって…。 ―

ライアは驚きます。

― コイツ…本気で言ってやがる…。

…昔…
同じようなことを
言ってたヤツがいたな……。

人間が…
みんなオマエらみたいなの
ばっかだったら…

もしかしたら―――… ―

ライアは自嘲気味に笑います。

「…でも…

もう止まれないんだ…!」

石板の前にはリヒトとヴァルトスが
立っていました。

今週はここまでです。

魔法帝はどーなっちゃうんでしょう…。
まだ望みはありそうな気はする!

半々位で…。
でもきびし~かな…。

そしてアスタの熱血パンチ
炸裂でしたね。

ライアとガチで話し合って
もらいたいけど時間がないかな?

何だかんだでアスタの思想と
魔法帝の思想はとても近いんだなぁ。

リヒトもかつては同じ思想だったん
だろうけれども。

リヒトの片目涙も意味深だった。

ヴァンジャンスの意識が少しでも
目覚めていてくれたら魔法帝の命にも
わずかに希望が持てるんだけどな。

ここから来週の147話の予想です。

魔法帝の命の行方も来週は
ハッキリするのでしょうか。

そしてついにずっと謎だった石板と
魔石の事が少し解明されるのかな?

この石板のある場所って
今アスタのいる浮遊魔宮の中なのか。

それともまったく別の場所で
石板に魔石を埋め込むと
浮遊魔宮の何かが目覚めるのか…。

浮遊魔宮の中の人達は
生贄みたいなもんなのかなぁ。

何にせよ点が線になる日が
近そうです。

そして白夜の魔眼がゴーシュの
命を奪わないようにしてた理由が
知りたいですね!

なんでだ~。

来週も楽しみです。

▶︎147話へ進む

▶︎145話に戻る

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク