仮免講習で、爆豪、轟、夜嵐、ケミィの
4人は真瀬垣小学校の児童たちと心を通わせる、
特別な試練を与えられました。

その続きです。

▶︎166話へ進む

▶︎164話に戻る

僕のヒーローアカデミアの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

ヒロアカのネタバレ感想165話。166話の予想。結構マイクの対応が大人。

スポンサーリンク

爆豪が凄い形相で怒鳴ります。

「返せー!!!
ガキのオモチャじゃねえんだよ!!」

子供たちは爆豪のヒーロースーツのパーツを
サッカーボールみたいに蹴飛ばします。

「転がらねー
思い通りに転がらねー!!」

轟が爆豪に聞きます。

「そんな簡単に奪られて
いいのかそれ。」

「危ねーから外して
置いといたんじゃクソが!!」

ケミィが女の子に手を出すと
シャー!!と威嚇してきました。

「つーか「心を掌握」って
課題がユルフワで何をどうしたら
オケオケか不明ー。」

プレゼントマイクが実況を始めました。

『 さァチームダボハゼ、
どうしたらいいかわからない
といった面持ちだ!! 』

横で目良が釘をさします。

「良いんですけど、一応講習なんで
程々に。」

『 オケオケ!! 』

横に座る涙ぐむ小学校の先生に質問します。

『 ハウエバ。
何をどーしたらいいのさ。
何を所望よ先生!! 』

「はい…。

小学校低学年は人格形成に於いて
大切な時期です…。

“個性”の違いが大きく影響する為
カウンセリングを行い、健やかな精神を
育めるようサポートするのですが…

カウンセリングも万能ではありません。

このクラスの子たちは
私達に心を閉ざしてしまいました。

私の責任であることは承知しています…!
ですが…!

夢に向かって励んでらっしゃる
皆さまと触れ合うことで
まっすぐな気持ちを思い出せさてあげれれば…。」

先生はポロポロ涙を流しました。

轟が言います。

「―――…野暮な事は言いっこなしだな。
人が困ってる。」

イナサがデカイ声で言います。

「つまり皆と仲良くなればいいんスね!!
よーし!!」

爆豪が吐き捨てます。

「子守なんぞとっとと終わらせて
向こうの講習に参加だ。」

『 ああっと早速野暮だ爆豪!!
雄英の火薬庫はどういう
アプローチに出る!? 』

爆豪が説明します。

「先公が”先導者”としての
役割を果たせずナメられた結果
ガキが主導権持っちまってんだよ。

“なんとなく”
“いつの間にか”こうはならねえ。

クラスの空気を形成してる
“ボス”が必ずいる。

そいつを見つけ出す。

そしてバキバキにへし折り
見せしめに吊るして
全員に石を投げさせる。

自分がいかに矮小な存在かを
擦り込むのが一番効くのさ。」

イナサはよく分かりません。

「?仲良くなれば
いいんスよね!?」

先生は爆豪の過激な意見に
固まります。

『 さァ独自の見解を述べた
爆豪だが……! 』

爆豪が悪魔の形相で子供たちに迫ります。

「一番強ェ奴出てこいや。
俺と戦え。」

『 駄目そうだ!! 』

壁にもたれた子供が天を仰ぎます。

「そういう前時代的暴力的発想…
お里が知れますよね。」

ツンと笑って自分の頭を指さします。

「お里を知られたァ!!」

スポンサーリンク

先生が不安そうにプレゼントマイクに
聞きました。

「あの…こんな事言うのも
差し出がましいのですが…
大丈夫なんでしょうか…。」

『 ご安心を。
余興です。 』

ケミィが爆豪にツッコみます。

「ヤンキーは流行ってないよ。」

「流行れや!!」

怒鳴る爆豪を背に、次はイナサが
突撃します。

「まずお互いを知る事が
親友への近道っスよー!!

ヒーローになりたい子――――!!!?」

『 次鋒は士傑の子―――!! 』

肉倉が観客席で言います。

「児戯は恐らくイナサの得意とするところ…。
奴の気勢は周囲を活気づける。

さて…見物だな。」

横の先生は少しあきれます。
(この子影響されやすいんだよなァ…解説始めた…。)

先程のイナサの質問に子供たちが
次々と手を上げました。

「なるー。」
「かっこいーし。」
「俺ちょーつえーし。」

イナサは子供たちを豪快に抱き上げました。

「そうかー!!

俺もなりたいっス!!
熱さと情熱こそ滾る血潮っスよね!!」

『 何言ってんのかわからんが
何か良いぞ!? 』

「みんなの笑顔を守るのがヒーローっスよね!?
先生を困らせる子は立派なヒーローに
なれるかな!?」

抱き上げた子供が答えます。

「……なれない…?」

「うん!!それなら」

イナサの言葉を遮り子供が言いました。

「でも…!じゃあさ!

講習開いてもらって先生や公安の人たちの
お仕事増やしてるお兄ちゃんたちもなれない…?」

あまりの正論にイナサが吹っ飛びました。

― たしかに!!! ―

子供はケタケタ大笑いしました。

肉倉が冷ややかな目で見ています。

イナサが地面に頭を打ち付けて謝ります。

「偉そうに語っていい立場じゃ
なかったっス―――
すいませんでしたァ!!」

『 豪快に繊細だな。 』

ケミィが言います。

「この子ら思ったよりヒン曲がってないー?」

爆豪が怒鳴ります。

「だから言ったろ。
時には暴力も必要なんだよ。」

轟が止めました。

「爆豪、それは違う。」

「あァー!?

ウチはそーやって
育てられてンだよ。」

「もっとやりようはあるはずだ。」

「……ホホウ」

爆豪は輩のように轟を煽ります。

「じゃァ見せてくれよ、てめーのやり方をよォ」

「ああ。」

その頃観客席でエンデヴァーは
オールマイトに自身の話をしていました。

「オレは焦凍に全てを託した。

二十歳の頃には既に№2へと
登りつめた。

登ってきたからこそ…理解してしまった。
俺は頂きには辿り着けないと。

肩書が欲しいだけなら
貴様のようにヘラヘラと
愛想も振りまいたろうさ。

俺は誰より強くなりたかった。」

オールマイトは少し間をあけます。

「……君らしくないな。」

エンデヴァーは怒鳴りました。

「いいから答えろ!」

オールマイトは考えます。

― 平和の象徴とは…か ―

「正直…何と言えばいいかわからないな。

私はこの国に象徴が必要だと信じ
ひた走ってきた。

強い光…
希望であり、警鐘でもある。

そういう存在になると誓って
走ってきたよ。

街行く皆が不安な顔をしていたんだ。
どれだけヒーローがいても
犯罪そのものは減らなかった。

今よりずっと…皆が脅えていた。

近くの優しさを蔑ろにして…
多くを切り捨てて

私はこの道を選んだ。」

「―――…元・相棒か。」

「…………エンデヴァー。

君のおかれている現状…
世間からの声は知っている。

私と君を比較する者も多くいる。

だが君と私は違う。

私の目指した象徴を
君もなぞる事はない。

君は君の思うやり方を
焦らず見つければいい。」

突然プレゼントマイクの声が
割って入りました。

『 さーて、次はおまえか!!! 』

轟が遠い目をします。

「俺なりのやり方…。」

『 冷静と情熱の間

轟焦凍ォ!! 』

エンデヴァーが身を乗り出しました。

「焦凍ォ!!」

女の子たちは轟の顔を見て
ポッと頬を赤らめます。

ケミィが言いました。

「イケメンのイクメン見れるとか
眼福―――。」

女の子たちがソッポを向きました。

「イケナイ同じレベルになるわ。
ムシよムシ。」

『 さァどうやって距離を縮めるのか
こいつァ見物だぜ。 』

子供たちは轟の周りからス…と離れます。

「ゴチンコはつまんねーからいいよ。
でかいゴリラ(夜嵐イナサ)からかおーぜ。」

轟は目を閉じます。

― 俺がどういう人間なのか…

まずそれを知ってもらわなきゃ
何を言っても届きゃしねェ ―

一瞬観客席のエンデヴァーを見て
子供たちに向き直りました。

「オレはゴチンコじゃねぇ。ヒーロー志望の
雄英生徒ショートだ。現№1ヒーローの
エンデヴァーを父に持つが俺はずっと奴を
憎み見返す為にヒーローを志してきた。
同級との交流を」

『 人物紹介ページみたいな
語りから入ったァ!! 』

子供たちはごくり…と唾を飲み込み
一斉に言います。

【 つまんね 】

『 総スカン!! 』

轟は爆豪たちの元へ帰っていきます。

「ワリィ」

イナサは元気づけました。

「ナイスファイトっス、轟!!」

爆豪は腕組みします。

「~~~しょうがねぇな、ったく。」

ケミィが手を上げました。

「ねー3人ともさっきから
フツーにやってる感じだけど

“個性”でしっかり私たち見せた方が
テットリバヤクない?」

爆豪も叫んで同意しました。

「俺もそれを言おうとしてたんだ!!」

「ウッソマジキグー。」

「まだ溝は深え。

つーか俺たちを困らせて
楽しんでる節がある。

攻めるには溝を埋めるんじゃなく
飛び込むしかねぇ。

実技デモンストレーションだ!」

子供たちは片隅で話す爆豪たちを見ていました。

「何か話してる。

フフン…知ってるんだゼ。
パパもママもテレビもみんな言ってる。

ヒーローは大丈夫かって……。

俺たちは知ってるんだゼ…。」

ズズ…と子供たちが個性を解放していきます。

先生が慌てて止めます。

「ああ、ダメよ危ない!!」

子供たちが一斉に個性を放ちます。

― 俺たちの方がデキるって事をさ!!! ―

爆豪が嬉しそうに笑いました。

「ハッ!!好都合だ…!」

― 来いよガキ共

相手してやるぜ ―

爆豪たちも個性を発動します。

そんな様子をプレゼントマイクは無言で見つめます。

(小学生相手にどんだけ手間取ってんだこいつら。)

口に出さないのはせめてもの良心でした。

今週はここまでです。

爆豪が完全に輩と化していますね…。

この4人の中ではケミィが
比較的まともに見えてしまいます。

爆豪がちょいちょい危険発言すると
プレゼントマイクがちゃんと
フォローしてあげてるのが流石です。

MCに入ってくれて良かったね。
結構色々大人な対応してくれています。

しかしこの試練、結構難しいですね!

あと若き日のオールマイトが
チラ見出来た…。

痩せこける前の顔もいつか
公開される日がくるのかなぁ。

ここから来週の166話の予想です。

結局これは子供たちとガチンコバトルって
事になっちゃったのかな?

本当の本気を出してしまうと
流石に子供たちも敵わないとは思うけど。

一応エリート校のトップなんだし…。

ケミィの個性が初披露ですね!

楽しみです。

案外この試練に合格出来たら
仮免講習終わりになるのかも!?

オルカ先生も攻撃力は認めてましたから。

問題だったのは人間性の方だし…。

来週も楽しみです。

▶︎166話へ進む

▶︎164話に戻る

僕のヒーローアカデミアの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク