メレオレオナはライアの模倣魔法を
ことごとく炎の拳で跳ね返し、
ライアを”灼熱腕”連撃で殴り飛ばしました。

その続きです。

▶︎139話へ進む

▶︎137話に戻る

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

ブラッククローバーのネタバレ感想138話。139話の予想。フィギュアの精度すごすぎ!

スポンサーリンク

「どうした幹部!!!
この程度かァ―――――!!?」

「………」

メレオレオナの灼熱の超連撃に
ライアは手も足も出ません。

― 高速移動も回復魔法も
使う合間がねぇ……!!! ―

【 マナゾーン 】

――それは…辺りに漂う魔を味方につけ
意のままにその領域を操る能力です。

その領域では、本来の自分以上の魔力放出を
どこからでも仕掛けられます。

感知能力もズバ抜けて高くなり
超反応も容易になり、魔の力を借り
宙も自在に動けるようになります。

ゾラが冷や汗をかきます。

「なんつー非常識な女だよ……!!」

アスタはレオナの戦闘を目の当たりにして
武者震いしました。

― オレ達があんなに苦戦した
三魔眼の一人をこんなに…!!

すげぇ…!!

メレオレオナ団長!! ―

レオナの連撃は止まりません。

「この程度ならば…

このまま消し炭になるまで
殴り続ける」

「―――……」

ライアは笑いました。

― まいったねこりゃ…… ―

壁に描かれた呪文は中心部へ続いています。

ユノが風魔法で敵を蹴散らしました。

【 風魔法 ”暴嵐の牙” 三撃 】

「ぐあああ」
「がぁぁ」
「ぎゃッ」

ユノは軽々撃破します。

「悪いがオマエら程度じゃ
もうオレは止められねー…!」

ミモザは驚きます。

― 敵の後ろから魔法を…!!

…今のは…

マナゾーンと呼ばれる力…!?!

――今思えばあの魔法の中に
魔法を発生させてのも

“スピリットダイブ”もマナゾーンを
使えればこそ…!!

ユノさん…
何て圧倒的なセンス…!! ―

ユノが言います。

「……この音は…」

― …鼓動…? ―

中心部の奥から微かに脈打つ音が
聞こえてきました。

少し時は遡り、ロイヤルナイツが
白夜の魔眼アジトに突入した直後に
話は戻ります。

ゴーシュは広間のテーブルでフィギュアの
塗装をしていました。

向かいには恥ずかしがるグレイが、
隣にはゴードンがブツブツ言いながら
座っています。

ゴーシュは集中出来ません。

(……何なんだコイツら…。
特に何するわけでもねーのに
オレの近くに座りやがって…。

他の騒々しいヤツらが全員いねーせいか
妙に気が散るじゃねーか…。)

ゴーシュは二人に言いました。

「…オイ、任務の連絡来たら
オレが受けて出動するから
(妹マリーへの貢物代を稼ぐために)

オマエら自分の部屋で
休んでていいぞ。」

グレイは声にならない声で叫びます。

「そ…そそそそんな…!
おきおきおきづかいなく!
わたたた〇×△◎▽★」

ゴードンが小声でブツブツ呟きます。

スポンサーリンク

[ 何を言ってるんだい水くさいな。
任務が来たら僕も一緒に行くに
決まってるじゃないか。 ]

ゴーシュは聞き取れません。

― コイツら二人共
何て言ってんだ――――!? ―

グレイは焦ります。

(うううぅぅ~~~~変身魔法使わないで
自分の姿のままなの恥ずかしいよぅぅ~~~!!

けど…みんな私のことを仲間だと
思ってくれてるんだ…!

私もみんなの前でぐらい
本当の自分でいないと!

ゴーシュくんも褒めてくれたんだし…。)

ゴードンは涙を流します。

(あ―――僕も早くみんなと仲良くなりたい。

みんな海底神殿で絆深めてるし
星果祭は誘われたけどハードル高くて
行けなかったし

ロイヤルナイツ試験の存在は
知らされもしなかったし

まずは今日いる比較的静かな
二人と仲良く…)

ゴーシュはすくっと立ち上がりました。

「じゃあオレは自分の部屋で
集中してコレ作ってるから

任務が来たら教えてくれ。」

『 !! 』

グレイが真っ赤になって叫びます。

「二人から見られるのも恥ずかしいですけど
二人っきりで見られるのはもっと恥ずかしい
というか何というか〇×△□δ☆▼Λ〓θ★」

ゴードンが手をプルプルさせてブツブツ言います。

[ 女性といきなり二人っきりは
ハードルが高すぎる!!

君もいてくれよゴーシュ!
一緒に図書館に行った仲じゃないか! ]

ゴーシュはイラつきます。

― 何なんだコイツら――――!! ―

グレイは真っ赤になって指さします。

(自信をもって…!自分から…話しかけないと…!)

「ごご…ゴーシュくんそそそそれ…
何つくってるの…?」

ゴーシュは鼻血をだらだら流しながら
笑顔で答えます。

「これか…?

この前オタクになった時に
フィギュアの良さに目覚めてな。

8分の1マリーをつくっている
ところだ。

出来たら拝ませてやるよ。」

「………。」

ゴードンがス…と立ち上がりました。

[ へぇ!ゴーシュも人形つくってるんだね。
実は僕もなんだ…! ]

マントをばさぁと開けると不気味な黒の暴牛
団員人形がぶら下がっていました。

[ ホラ僕お手製の黒の暴牛人形。

みんなと仲良くなりたくて
つくったんだへへへへへ ]

グレイは悲鳴を上げました。

― ののの呪いの人形ぅぅ―――!?! ―

ゴードンはゴーシュの人形に
頬ずりします。

[ カワイイでしょうへへへへへ ]

― コワイよぅぅ~~~~~!!! ―

ゴーシュはずばッッと言います。

「つーかオマエ、コワイんだよ。

他のヤツらと仲良くしてーんなら
親しみ易くなる努力しろよ。
まずは顔から。」

ゴードンはガーンとショックを受けました。

ゴーシュはため息をつきます。

「ちょっと便所行ってくる。
今日どこだ?」

ゴードンはショックで床に手を
着いたまま答えます。

[ 今日は2階の右奥だったよ…。 ]

「つーか何でこのアジトは中の構造が
ちょこちょこ入れ替わり動くんだよ。」

[ さあ…僕が入った時から
こうだったから… ]

「ったくメンドくせー…。
何かの魔法だろーが何の意味があんだよ。」

グレイがトイレに向かうゴーシュに言います。

「でででで出来るだけ早く戻って
きてくださいいいいいいい。」

ゴーシュは笑いながら言いました。

「前にも噂になってたが
魔法じゃなくて幽霊だったりしてな。」

ガタッと物音が聞こえ、グレイが振り向きます。

「?」

窓の外にゾンビが張り付いていました。

「ひいいいいいいいいい」

グレイが白目をむいて叫びます。

扉が壊され、一斉にゾンビの集団が
侵入してきました。

ゴーシュは驚きます。

「……な……何だ…
コイツらは――――!!?」

大量のゾンビたちは黒の暴牛のアジトを
取り囲むように四方八方から侵入してきます。

グレイは真っ赤になって顔を覆いました。

「みっ見ないでくださいいいいい~~~~!!」

ゴーシュがツッコみます。

「もうテメーはとっとと変身しろ!!」

ゴードンがボソボソ言います。

[ 君達まさか…僕と友達に… ]

更にゴーシュがツッコみます。

「なるかァァァァァァ!!

何なのか知らねーがこんなもん
敵襲に決まってんだろーが!!

とっとと戦闘準…」

攻撃してきたゾンビがテーブルを割った瞬間
マリーのフィギュアの首がボッキリ折れました。

「!!」

ゴーシュの目が血走ります。

「…何してんだテメー」

ヴァルトスの空間魔法で現れたサリーが
襲撃されるアジトを遠くから眺めて言いました。

「ココがアスタのアジトかぁ~~~~。

けど今日はアスタいないんだよねぇ
~~~~~残念。」

ラデスは頬の傷を撫でました。

「オレのオモチャにしてやろォと
思ってたのによォ…!」

ヴァルトスが二人に釘をさします。

「オマエ達…今回の目的を忘れるなよ…。」

ラデスは笑いながら言いました。

「まァ黒の暴牛アジトでなら、
他にも活きのいいオモチャが
手に入んだろ……!」

突然無数の鑑に光線が乱反射して
ゾンビ達を吹き飛ばしました。

「!!」

土煙の向こうからゴーシュ達が現れます。

「どこの馬鹿の仕業か知らねーが…

返り討ちだ…!!」

今週はここまでです。

ユノもマナゾーンを習得してたんですね!

ここまで強いとすでに団長クラスのような
気がするんだけどなぁ。

実際団長のリルにも勝っちゃったしね…。

そしてまさか舞台が黒の暴牛のアジトに
移るとは思いませんでした!

マリーのフィギュアが~
完成する前に首から折られた…。

だがしかし、妹は突然自分のフィギュアを
お兄ちゃんからもらったらどう思うのか…。

完成しなくて良かったのか…な?

しかも無駄に出来良さそうだし。
愛が重すぎる!!

ゴードンの人形も中々凄かったですが
これ実際に商品化したら売れそうな気が…。

キモカワイイ。
マニア受けしそう!!

アジトの部屋の構造がちょいちょい動く
っていうのも新発見ですねー。

ここから来週の139話の予想です。

懐かしい面々が出てきましたね。

ラデスとか…懐かしいなぁ。

何が目的なのかがよくわからんのですが。

ゴーシュの鑑魔法が炸裂してましたが
ゴードンにもついに出番が!!

初魔法が見れるかもしれない!
やっとですね~!

オドロ怖い魔法を使って欲しい。

黒の暴牛の他のメンバーは
留守なのかな?…残念。

そういえばグレイの魔法は変身以外
見た事ないんだけど、変身すると
その人の魔法も使えるんだろうか…。

ライアの模倣魔法みたく…。

浮遊魔宮の方も中心部で何かが
目覚め始めていますし、黒の暴牛のアジト
襲撃と繋がっているのかな?

来週も楽しみです。

▶︎139話へ進む

▶︎137話に戻る

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク