浮遊魔宮への進撃が始まりました。
ロイヤルナイツの団員各々が
中心部を目指します。

その続きです。

▶︎137話へ進む

▶︎135話に戻る

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

ブラッククローバー(ブラクロ)のネタバレ感想136話。137話の予想。両方焼いちゃった!

スポンサーリンク

ノゼルは水銀魔法で浮遊魔宮を猛進します。

後に続くエン達は驚きました。

「すごいね~~~~~。
白夜の魔眼の攻撃も魔宮の罠も
まったくものともしないよ…!」

「ここまでやる気のノゼル様を
見るのは初めてだ…!」

ノゼルは突き進みます。

― 調べによると例の空間魔導士が
一日に一度定期的にこのアジトを
出るタイミングがある。

それが今…!

外ではこちらの空間魔導士が
空間妨害魔法を行っている。

これで易々と他の空間魔導士は
入って来れない。

貴様は私に斃されるまで
ここから出さんぞ…!! ―

別の場所では敵が戸惑っていました。

「うおおおお―――――!!」

「何だこの魔法は!?」

桜の花びらの大群が一気に敵を飲み込みます。

キルシュは微笑みながら言いました。

「驕っていた自分は
髪と共に捨て去った。

それにより更に美しさに
磨きがかかった私の魔法で

皆思う存分に美しく
咲き誇るがいいよ――――!!」

ノエルが怒鳴ります。

「キモチ悪いからちょっと
黙ってなさいよ―――!!」

パキキキっと鋼が武器に形成されていきます。

【 鋼魔法”レッドシャインメイス” 】

巨大なメイスでベンが敵を押しつぶします。

「ぐあッッ」

ノエルが冷静に言いました。

「アナタよく受かったわね。
私達のチームには瞬殺されたのに。」

「オイオイ人がカッコつけて
キメた後に何てこと言うんだい。

それにあれはユノってのに
やられたんだけど。

気合入れて行かせてもらうよ。

下手踏めばメレオレオナ様に
ブッとばされかねないもんでね。」

ラックが残念そうに言いました。

「あ~~~~あ…
こんな楽しいとこに
来れるチャンスだったのに

落ちちゃうんだもんなぁ―――…」

雷魔法を纏って高速で敵を倒していきます。

「ぐうッ」
「ごわッ」

バチバチ雷を放って笑いました。

「しょーがない。

アイツの分も暴れて帰って
自慢してやろっ♪」

キルシュがウィンクして指さします。

「ほう!美しいじゃないか…!」

ユノ達も敵を撃破しながら中心部を
目指していました。

倒された敵が言います。

「…無駄だ……何を……しても……。

我々は…もうすぐ【生まれ変わる】…。
真の…姿に……!」

クラウスとミモザは不振に思います。

「真の姿…?何を言っているのだ…?」

「何なのでしょう…?この壁の模様は…。
奥に行くほど増えている…?」

ユノも奥を見つめます。

「………。」

― 何か…聞こえる…?―

別の通路ではゾラとアスタが叫んでいました。

「そんな単純な罠なんざ
全部お見通しだぜ―――!!」

「どんな魔法もオレの反魔法の剣で
ブッタ斬ってやるぜ――――!!」

「うわ…」
「うわあああああああ!!」

レオナが強烈な一撃で敵を倒します。

ゾラは黙ってしまいました。

「………。」

アスタ達もレオナのあまりの攻撃力に焦ります。

「オレ達マジでやることねぇえええええ!!!」
「ちょっと休憩なさっては!?
いつでもオレ達やれますよォォォ!?」

「ん?」

ゾラがアスタに目を向けると
アスタが二人になっていました。

「ん?」

アスタ達が二人同時に喋ります。

「え゛え゛えええ!?オレぇぇぇぇ!?」

「何だクソチビ、魔法使えたのか。
分身魔法。」

「使えねーよ。
魔力無しを見くびるなよォォォォ!?」

レオナもアスタに言います。

「何を勝手に増えてるんだキサマ。」

「いやオレも増えたくて
増えたんじゃないっス!!」

レオナがゾラに聞きました。

「どちらかニセモノか…。
魔力が無いところも真似ている…。
どちらが本物かわかるか?」

「いや全然。」

「役立たずかキサマ。」

アスタが口々に叫びます。

スポンサーリンク

「オレが本物っすよ!!」
「いやオレが本物っス!!」
「オマエニセモノだろーがぁぁぁ!!」
「いやそれオマエぇぇぇ!!」

レオナは暫し考えました。

「………。」

突然業火で二人を焼きます。

「!!」

ゾラは無言で見てました。

― 両方焼いた―――― ―

「ぐわああああ」
「…………」

炎がアスタ達を包みます。

「……な……

何すんスか――――!!!
殺す気ですかァァァ!!?」

反魔の剣を構えてアスタがプスプス
いいながら現れました。

レオナはしれっと言います。

「こっちが本物だな。」

ニィィと笑いました。

「この程度で死ぬヤツを
私は連れて来た覚えはないからな。」

― メチャクチヤだこの人――――!! ―

アスタが驚いていると
一人の男が炎に包まれたまま
魔導書を開きました。

「いやホント、メチャクチャしてくれるよ。」

【 模倣魔法”アクアカーテン” 】

水のカーテンで火を消します。
また魔導書をパラパラめくりました。

【 模倣魔法”癒しの光粒” 】

光魔法で自身の怪我を癒していきます。

「まったく…コワイおねえさんだ。」

アスタは驚きました。

「コイツは…」

「どーもライアです。

お姉さん、せっかく美人なのに
もったいないね~~~。」

「三魔眼とかいう白夜の魔眼幹部の
最後の一人っスよ!!

人の魔法を真似しちまう
とんでもねーヤツっス!!」

レオナが言いました。

「そういえばそんな情報
聞いてたな…。」

「忘れてたの!?」

ゾラは驚きます。

― オイオイオイ何だよこの魔力は……!!
こんな化物が相手なのかよ。 ―

ライアはひょうひょうと話します。

「王族様じゃなかったら
一杯お願いしたかったね~~~~。」

スゥ~~~とレオナの魔導書が現れました。

「遠慮するな。
好きなだけ飲ませてやろう…。

地獄の業火をな。」

パラパラと魔導書がめくられます。

ライアの魔導書も再びパラパラめくられました。

「お~~~~…やっぱコワイコワイ…。
それに…

もう飲んで来たよ。
地獄の業火は。」

【 模倣魔法”闇纏・黒刃” 】

黒い剣を抜きます。

レオナは見覚えがありました。

― ヤミの魔法…。 ―

「簡単に真似られるとは
あの莫迦もまだまだだな…。」

「この魔法はそー簡単には
躱せないよ!!」

【 模倣魔法”闇纏・無明斬り” 】

横一線に黒い太刀を放ちました。

レオナはゴボッと炎の拳で
太刀筋を燃やし尽くします。

「!!」

アスタは驚きました。

― 魔法を殴って燃やした―――!!? ―

レオナはヒュッとライアの前に移動します。

「残念ながら、あの莫迦の方が
手応えがあったな。」

― すべてを焼き尽くす

【 燼滅の魔法 炎魔法”灼熱腕(カリドゥス・ブラキウム) “ 】

ライアに強烈な炎の一撃が入りました。

今週はここまでです。

キルシュ、髪切っちゃったんだなぁ。

やっぱり生え際が気にになる…。

レオナ様は強いですね~!
向かう所敵なし。

ただアスタの本物を見破る為に
速攻で両方焼いちゃうのはすごいな!

アスタ命懸けですね!

ライアが思ったより早く出てきました。

ヤミ団長の技も使えるんですね~。
光魔法も水魔法も使えるし。
ある意味万能!

多分本物よりは威力は落ちるんでしょうけど。

でもレオナ様は全部拳で
やっつけてしまう…格闘家!?

ここから来週の137話の予想です。

敵側がずっと言ってる
真の姿に生まれ変わるっていうのが
気になりますねー。

ユノも何か考えていたし。
今はロイヤルナイツが優勢に見えますが
何かあるんだろうなーとは思います。

中心に行くほど壁の模様が
増えてるって事は中心で
何かが起こるんだろうなぁ。

やっぱりリヒトなんでしょうかね。
中心にいるの…。

ライアもやられてないだろうし。
時間稼ぎしてるようにも見えるし。

何人生きて出られるかっていう位の
キツいサバイバルになるのかも!

まだ何とも言えませんが。

来週も楽しみです。

▶︎137話へ進む

▶︎135話に戻る

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク