反魔状態のアスタがランギルスをねじ伏せ
魔晶石を一刀両断します。
その続きです。

▶︎133話に進む

▶︎130話に戻る

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

ブラッククローバーのネタバレ感想132話。133話の予想。アスタVSユノ叶わず!

スポンサーリンク

アスタチームの魔晶石が砕けるのと
ランギルスチームの魔晶石が一刀両断
されたのはほぼ同時でした。

『 両チームの魔晶石、同時に破壊―――!!

この試合は引き分けとする――!! 』

「……そんな……!」

ゾラの治療をしながらミモザが言います。

ゾラが笑いだしました。

「ヒッ…キヒヒヒヒ…」

フラっと立ち上がります。

「最後まで勝ち続けた者が何もかも正しい
っつってたな自己中空間貴族様―――!!!

じゃー下民相手に勝てなかったテメーは
何も正しくねーなァァ!!?

もう誰もテメーみてーなクソヤローを
副団長とは認めねぇ―――!!!

ワサワサ帽子雪女!!
テメー今の試合何してやがったァ!?

空間貴族にビビッてただ指くわえて
見てたのかァ!?
イイ身分だな~~~~!!」

暴言を続けるゾラにセッケが割り込みます。

「オイオイオマエ!
何をエラそーに……」

ゾラはセッケの胸倉を掴みました。

「黙れ

大した実力もねーただの
カッコつけヤローが…!!

テメーみてーなのが一番
しょーもねーんだよ…!!
とっとと魔法騎士団ヤメちまえカス!!」

遠くで立ちつくすアスタにも怒鳴ります。

「クソチビィ―――――!!
テメーはどいつもこいつも
信用しすぎなんだよ!!

みんながみんなイイヤツじゃねーし
スゲーヤツじゃねーんだ!!
いつか痛い目見んぞォ!!」

ミモザが焦ります。

「……!!何を…」

ゾラはミモザにも怒鳴りました。

「テメーはいつでもその時の
最善を選んで行動してるつもり
みてーだが

自分の想像を超える事態に出くわした時に
思考停止しねーように気をつけるこったな
王族さんよォ…!」

「!」

「…――そして…

イカしたマスクヤロー…!!

テメーはもっと…

仲間を…信じるべきだった……!!」

気絶したランギルスを背にアスタは
痛む体を引きずってヨロヨロと歩き出しました。

― …引き分け…!

勝てな…かった………!

くそ…!!

くそ―――――… ―

倒れそうになった体を
マグナが支えます。

周りには大勢の魔法騎士たちが集まっていました。

「共に…全力で戦おう……!!
我々は同じ…クローバー王国
魔法騎士だ…!」

治療のため運ばれてゆくランギルスを
魔法帝は静かに見ていました。

試合が再び再開されます。

『 ――それでは改めて…

二回戦第3試合を行います!! 』

チームI リル
ニルス
ルペン

チームK ブーリ
クラウス
ラック

ブーリが元気に言います。

「イエ~~~~~!!
私達も全力で行くわよォ――!!」

クラウスは悩みます。

「だが相手の水色の幻鹿団長は
こちらの魔法の弱点を後出しで
突いてくる…!

どうすれば………。」

ラックが手を上げました。

「僕に考えがあるんだけど…
いいかな?」

「!」

リルは陽気に笑っていました。

「あふふふふ!
次はどんな絵が描けるか
楽しみだな~~~~~!」

(この人をちゃんとサポートすれば勝てる…!)
ニルスとルペンは密かに考えます。

「!」

リルが相手チームの陣地を見ました。

― 魔力が…どんどん凝縮され
研ぎ澄まされてく…!? ―

スポンサーリンク

クラウスが鋼魔法で作った砲台に
ラックが雷魔法で作った巨大な雷の矢を乗せ
ブーリが後ろから二人を支えていました。

― 後出し無意味の超速超攻撃魔法で

一撃で仕留める!!! ―

矢は凄まじい魔力で放電しています。

ラックは狙いを定めます。

「一試合目の人達の合体魔法を
ちょっと真似させてもらったよ!

威力はもっととんでもないと思うけど♪」

ニルスとルペンは焦りました。

「マズイ…!!
魔晶石を避難させなければ…!!」

ラックは余裕です。

「今更動いても意味無いよ~~~。
これぐらいのフィールドなら
どこ行ったって位置わかるからね。」

リルはゾクゾクしました。

― …この魔法…

たぶん【とてつもなく速い】―――!!

先に描いとかないと!! ―

魔法を発動します。

「何を出してもムダだよ…!!」

【 複合魔法 ”神鳴の矢” 】

― この魔法はすべてを貫く!!!
止められない!!! ―

矢がリル達の魔晶石に撃たれました。

「あふふ!!」

リルが笑います。

【 絵画魔法”神の戯れ” 雷を操る 】

― 僕もさっきの試合の魔法で
インスパイアされた!!

やり方は違うけど―――…

止めない!!!

返す!!! ―

放たれた矢はそのまま反転して
ラック達の魔晶石を一撃で砕きました。

クラウスもブーリも声が出ません。

「ありゃ」

ラックもあっけにとられます。

『 魔晶石破壊!!
Iチームの勝利――――!! 』

見ていた魔法騎士たちも驚きます。

「…なんだよ今のは……!!」
「め…めちゃくちゃだ――――!!」

「やっぱり水色の幻鹿団長…
リル・ボワモルティエが
止められない――――!!」

リルは興奮して笑いが止まりません。

「すごい!すごいよ~~~~!
最高の一枚が見えてきたよ~~~~!」

『 二回戦第4試合はMチーム対Pチーム!! 』

ノエルは気合を入れます。

「アスタ…(ごにょごにょ)負けたみんなの分も
力の限り戦うわよ――――!!」

ユノは静かに言います。

「…そうだな…。
そして勝つ…!」

敵の魔晶石が砕け散りました。

『 魔晶石破壊!!
Pチームの勝利―――!! 』

ユノの魔法にノエルは驚きます。

― 今の力は…一体………!? ―

魔法騎士たちもあっけにとられています。

「…アイツ…」
「何を…した……!?」

魔法帝は温かく見守ります。

― …ユノ君…。
君は更なる成長を見せて
くれるんだね……! ―

「準決勝第2試合…
とうとう最後の試合だね。

準決勝第1試合が引き分けになったから…
Iチーム対Pチーム。
――――これが…

事実上の決勝戦だ!!!」

リルのチームとユノのチームが
睨み合います。

― …アスタ…

先に行くぞ…! ―

今週はここまでです。

ランギルス、兄弟和解どころか
目を覚ましませんでしたね…。

そしてアスタチームとは引き分けかー。

ここで終了なんですね!
消化不良だけどしょうがないのか。

アスタの反魔化もこれ以上は無理だし
ゾラも限界だろうし。

しかしゾラは最後まで
ツンデレ熱血指導員だな!

イヤミかと思えば内容聞くと
意外と心配してくれていたり。

いい人だ。

残りの試合もサックサク進みましたね!

まさかの最終決戦はユノVSリル。

ここから来週の133話の予想です。

ユノの新技がどんななのか気になります!

みんなが驚いていましたが。

対するリルもすべての魔法に対して
後出し魔法を使えるのは強いなぁと思います。

一応団長だし…最下位の汚名返上の為に
がんばってるので…。

個人的にはリルを応援したいけど…。

ユノのチームはノエルやエンも
いい仕事しそうなので難しいかな?

リルのチームはいつもリルが一人で
圧勝してしまうので残り二人の実力が
わからない!

来週も楽しみです。

▶︎133話に進む

▶︎130話に戻る

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク