サーはコンクリートの棘に体を貫かれました。
出久はワン・フォー・オールを20%まで
引き上げて治崎に応戦します。

その続きです。

▶︎156話に進む!

▶︎154話に戻る!

僕のヒーローアカデミアの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

ヒロアカのネタバレ・感想155話。156話の予想。クロノ、イケメンだった!

スポンサーリンク

相澤は意識を取り戻しました。

― ここはどこだ…!? ―

目隠しされた相澤は一室に倒れています。

クロノが言いました。

「あんたの事はよく知ってますよ。
抹消ヒーローイレイザーヘッド。」

上からまたがり”個性”の短針で
背中を刺して引き抜きます。

「壊理の研究過程であんたの”個性”を
よく参考にしてやした。

殺さず隔離したってことはまァ
生かしておく価値があるということです。

【”個性”を消す】ソレは彼にとって
魅力的な力なんですよ。」

相澤は手を動かそうとしますが
思う通りにいきません。

クロノがマスクを外しました。

「ああ無理無理。

あんたは今カタツムリ並みの
動きしかできやせん。

他が心配ですよねェ。」

【 玄野 針(くろの はり) 】

― ”個性”「クロノスタシス」

時計の針のような頭髪を
直線上に伸ばして攻撃します。

受けたモノの動きを遅くします。

ただし自身が停止した状態でなければ
針を伸ばすことは出来ません。 ―

「今…短針で刺したから
一時間はそのまま。

彼は一度決めたら止まることはありません。

どこまで知ってるかわかりませんが…
壊理ね…組長のお嬢さんなんですよ。

目的の為なら何であっても使う。

オーバーホールって男は
そういう人間なんです。」

出久は治崎に突進します。

治崎は出久を見据えています。
(破片となった地面は
俺が触れたことにはならない。

“壁”か)

― 小賢しい!! ―

手元のコンクリートを触手のように
伸ばして出久を攻撃します。

尖った先は出久の脇腹をかすめました。

― ”分解”でタイミングは測れるけど…
避け切れない! ―

「ヴヴっ!!」

出久は床を踏み抜いて地面を砕きます。

― 耐えろ!!

勝つまで!!

治崎が手を緩めることはない! ―

治崎は四本の腕を操り出久を掴まえようと
しますが出久は上に飛びのきました。

そのまま天井を蹴り、治崎へ向かって行きます。

― 治崎は死んでも
エリちゃんを諦めない。

時間はかけられない!
ダメージを稼いでも”修復”される!

一撃で!!

脳天 一撃 ―

フルカウルで治崎の頭に足を振り下ろします。

【 マンチェスタースマッシュ!! 】

治崎は寸前で避けました。

「いくら速かろうが」

コンクリートの塊を二つ掴みます。
出久は急いで飛びのきました。

「先の2人に比べれば
動きの”線”が素直で
見えやすい。」

治崎の攻撃で出久の血が噴き出します。

ミリオは壊理の手を引いて
地下道を歩いていました。

「ゼェッ ゼエ」

― エリちゃんを少しでも安全な場所へ!!

まだ!俺にかかってるんだ!
余裕だ!パワーだろ!
俺はまだ余裕だ!! ―

体を貫かれていたサーの姿が蘇ります。

スポンサーリンク

ミリオの目から涙が溢れました。
(動けルミリオン!!)

張り続けていた心が綻びかけ
ミリオは膝をつき、倒れ込みます。

― ゼエ ゼエ

視界が…!!
体が動かない!!

血は…止まってる!?
…けれど流し過ぎたんだ…!!

ハアッ

立て…!立て…!動け…

――――~~~~っ …! ―

ミリオは壊理に言います。

「エリちゃん…身を…隠すんだ…。
後続を…待つんだ…!

何十人って…人間が君を…
救けようと…動いてる…んだ!

エリちゃん…!
大丈夫…だ。
君は…大丈夫だ。

エリちゃん…!!」

治崎は立ち上がります。

「ったく

“修復”といってもバラす瞬間は
しっかり痛いんだ。

もう止めだ。」

出久の両脚には治崎の放った
コンクリートのトゲが突き刺さって
いました。

「ヴヴヴ!!

まだ…!!」

― 地面が割れて細かくなってなかったら…
でっかいトゲで終わってた! ―

「ああ…そうやってルミリオンにも
粘られた。

諦めない人間の底力は侮れない。」

治崎は手をスッと上げました。

― 死にかけだからこそ…餌になる。 ―

手の平に突然口が現れ叫びます。

『 おまえのせいでまた死ぬぞ!
これが望みなのか!?

壊理!!! 』

「!?」

出久は驚きます。

その声は地下道にいる壊理の元に
届いていました。

壊理の脳裏に研究室での事が蘇ります。

動かない壊理を見てクロノが言います。

「もう限界ですね…。
体力も尽きてやす。」

治崎が手をかざしました。

「そうか…じゃあそろそろ”修復”するか。
仕切り直しだ。」

― 私は…… ―

壊理は地下道から治崎の元へ
戻ってきました。

「望んでない…!」

出久は驚きます。

「何で…!駄目だ…!
先輩と一緒にいるんだエリちゃん!!」

治崎は壊理に聞きます。

「壊理…こいつ一人でこの状況、
なんとかなると思うか?」

壊理は答えます。

「……思わない。」

治崎の手の平の口が聞きます。

『 ならおまえは
どうするべきだ? 』

体を貫かれたサーが咳込みます。

壊理は答えました。

「戻る……。

そのかわり…!!

皆を…元通りにして…!」

治崎は言います。

「そうだよな…。

自分のせいで他人が傷つくより
自分が傷つく方が楽だもんな。

まだルミリオン一人の方が
望みはあった。

奴で芽生えかけた淡い期待が
砕かれた。

気付いてるか?
壊理にとって最も残酷な仕打ちを
してる事に。

おまえは求められてない。」

出久はワンフォーオールを
ミリオに継がせるべきだったと語る
サーの事を思い出します。

サーも諦めかけています。

― 緑谷…もう変えられない…!!

エリちゃんの保護は叶わない…!

見てしまった…!

私と貴様が殺される

治崎が逃げおおせる未来を。 ―

出久は足に刺さったコンクリートを
グッと掴みます。

「そうだとしても―――!!」

コンクリートを抜き、立ち上がりました。

「余計なお世話だとしても…!
君は泣いてるじゃないか!!

誰も死なせない!

君を救ける!!」

抜いたコンクリートを手で
握りつぶします。

サーはその言葉を聞いていました。

― 緑谷―――…!!

それでも…
おまえは―――… ―

突然天井がドッと軋みました。

治崎と出久が上を見上げると天井を突き破り
ドラゴン化したリューキュウと梅雨、お茶子が
降ってきました。

「ドンピシャ!!」

「ケロ…」

出久は驚きます。

今週はここまでです。

クロノの個性って短針だと動きが
遅くなるんですね。

長針だと早くなるのかな?

まさかのイケメンでびっくりですよ。

そして壊理ちゃんは治崎じゃなくて
組長の子供だったのかー。

壊理ちゃんの研究で相澤先生の個性を
参考にしてたのは納得です。

先生の個性の進化版みたいな感じだもんね。
あの個性破壊弾。

あと治崎が壊理ちゃんにしてた
「修復」が恐い!

それってつまりは…。

しかも一度や二度じゃないだろうから
なお恐ろしい~~!!

ここから来週の156話の予想です。

リューキュウ達が来てくれたのは心強いですね!

ねじれはいないのかな?

これで少し戦局が良い方に向かってくれれば
いいのですが…。

サーの予知が気になります。
見た未来が分岐しないのも気になる!

壊理ちゃんの保護も治崎の確保もダメで
サーと出久が殺されるって、どんだけ
最悪ストーリーなんだ!!

これ分岐してくれないとすごく困る!

リューキュウ、でかくてすごいんですけど
治崎に分解されて融合とかされたらやだなぁ。

相澤先生も今救わないと
研究対象みたいになっちゃうのかな?

分かってる事は、治崎は個性を消したいんですね。

事態が複雑になりすぎて
どうなるのか予想できない!

来週も楽しみです。

▶︎156話に進む!

▶︎154話に戻る!

僕のヒーローアカデミアの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク