僕のヒーローアカデミアの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

ヒロアカのネタバレ・感想153話。154話の予想。連合組が地味に怖い。

スポンサーリンク

個性破壊弾で無個性状態になったまま、
ミリオは治崎の攻撃から壊理を守り続けました。
あと一息でやられる寸前、出久が駆けつけます。

その続きです。

場面は入中撃破後に戻ります。
壁も地面もメチャクチャで前後も
わかりません。

警官達が戸惑う中、サーが指で示します。

「エリちゃんの部屋への方向なら
私が把握している。」

警官が驚きます。

刑事が縄に縛られ確保された
入中に命令します。

「入中!このグチャグチャ元に戻せ!!
早く!!」

「ぬ゛ヴヴヴ~~~~~~!!!」

入中は青ざめてカタカタ震えています。

「おい!!?」

相澤が言います。

「薬の効果切れでしょう……。

ファットガムの見立てが
当たっていた。

入中にもう今までの力はない。」

刑事は焦ります。

「しかしまだ…トガとトゥワイス…
敵連合がどこかに潜んでいるはず……!!」

「トガ」

突然入中が反応して暴れ出しました。

「トガ…トゥワイス……!!
許さねェ~~~~!!
裏切りやがってェ!!」

サーが改めて入中に聞きます。

「……他の連合メンバーはどこにいる。」

「知るか!!!必ず見つけ出してやる!!
連合の奴ら全員ドタマカチ割ってやる!!!」

サーが相澤に言います。

「ここにいるのは二人のみ…ということか。」

警官たちは連合の出方を警戒しています。

出久は相澤に、連合まで目的が及ぶ場合は
そこまでと言われていました。

「先生…!!」

「………。」

押し黙る相澤に負傷したロックロックが
怒鳴ります。

「な――――にを立ち話してんだ……!!」

「ロックロック!」

「無視して進め!

連合の方は警察に任せりゃいい…!!
俺たちの最優先事項は何だよ!!?

どのみち入中の拘束で誰かしら
残らなきゃなんねェし。

俺は小娘のせいでこれ以上
とんではねてはちょっとキツイ。

わかったらとっとと足動かせ!!

リューキュウたち上にいる連中!
地下で分断された警官たち!

サンイーター、烈怒頼雄斗!
ファットガム!!ルミリオン!!

ここまで来たらあと一息だろう!
皆が稼いだ時間を無駄にするな!!」

その言葉にサー、相澤、出久の3人は
一斉に動き出します。

出久は振り向いてロックロックに
言いました。

「必ず!救け出します!ロックロック!」

そう言うと先へ進みます。

ロックロックは一人残りました。

「ケッ……。」

― 別に貶したくて悪態を
つくわけじゃない。

俺には四つ下の妻がいる。

去年の暮れには念願の
息子が生まれた。

雄英とはいえガキはガキ。

心配だったのさ。

だがフタを開けてみりゃ
どうだい。

どいつもこいつも
俺たちより立派にヒーロー
しやがって! ―

スポンサーリンク

「言ったな…!?必ずだぞ!デク!」

― そしておまえだナイトアイ。

ちゃんと…責任もてよ! ―

その頃トガとトゥワイスはコソコソ
移動していました。

トゥワイスがトガに言います。

「行っちまったな。

とにかく俺たちもこの空間から
出ないとな…!

トガちゃんこれからどうしたい?
キス?」

トガが答えます。

「出久くんのボロボロな姿…
また見たいなァ。

でも…それと同じくらい今は…
オーバーホールくんに吠え面
かかせてやりたいのです。」

「それなら俺に考えがないぜ。
ちょっと耳かして!」

「何でしょ」

トゥワイスがトガの耳元でごにょごにょ
何かを耳打ちします。

「フフフ…!仁くんそれ
弔くんも喜ぶね。」

― 出久くんたちがオーバーホールくんと
邂逅したら結果はどうあれ

ヒーローとゴクドーの戦いに
決着がつく。

どうかこの戦いの果てに
ヒーローもゴクドーも

グチャグチャのボロボロに ―

出久達が地下通路を走っていくと
酒木が倒れていました。

そのままその奥の壁をフルカウルで
突き破ります。

出久はそのまま分解の個性を発動しようとしていた
治崎の腕を思い切り殴り飛ばしました。

相澤が抹消の個性を発動します。

「ナイトアイ、確保を!!」

「――――…!」

ナイトアイは状況を理解しました。

― 側近の二人…!

部屋近くにも一人。

そしてボロボロの治崎…!!

歪な壁で覆われた空間。

一人で…ここまで――――!! ―

フラフラのミリオが言いました。

「後…ろにいます……。」

ミリオの背後には無傷の壊理がいました。

サーはミリオと壊理を抱き寄せて支えます。

「凄いぞ…凄いぞ…ミリオ!」

治崎は地面をバンバン叩きます。

― ”個性”が消された! ―

「―――…いい加減に…!!」

相澤と出久が突進します。

「ルミリオンがここまで追いつめた!
このままたたみかけろ!!」

出久がフルカウルを発動します。

― 先輩!! ―

治崎が叫びました。

『 起きろクロノォ!! 』

「デク!!」

相澤が気配を察して出久を突き飛ばします。

倒れていたクロノのフードを突き破り
長い矢印が攻撃してきました。

相澤が負傷した途端、
突然身体がカチッと静止します。

矢印は再びクロノのフードの中に
収まっていきました。

クロノは起き上がります。

「長針が刺したモノは動きが遅くなる。

二人まとめて串刺しにしたつもりでしたが
さすがヒーローだ。」

無傷で着地した出久の横で相澤が
スローに動いています。

治崎が安堵します。

― 目覚めに随分かかったな…!

クロノは確実にやられていた。
あの時までは!

おまえは気付けなかったんだ! ―

治崎はミリオが自分にクロノを投げ飛ばした
瞬間を思い出していました。

― あの瞬間俺がクロノの頭を”修復”し!!
ダメージを”治して”いた事に!! ―

相澤の目が閉じようとしています。

― 瞬きが止められない… ―

出久がフルカウルで突っ込みます。

「治崎!!」

治崎が地面に手を置きました。

「全て無駄だ!!」

相澤の目が閉じられました。

途端に地面が巨大なトゲに包まれます。

出久の突進も遮られました。

治崎は出久にやられた腕をゆっくり持ち上げ
左手で顔を覆います。

「こんな奴らに俺の計画を台無しに
されてたまるか!

なァ音本…!
嫌だよなァ……!?

俺がこんなところで終わるのは!!」

音本がトゲの衝撃で治崎の前に落ちてきます。

「音本、本当によくやってくれたよ。
おまえなら俺の為に【死ねるだろう!?】」

腫れた手で音本の顔をマスクごと掴み
左手で自分の顔を掴み、同時に分解します。

「ルミリオン。

おまえは確かに俺より強かった。

だがやはり全て無に帰した。」

出久は異常な光景に青ざめます。

― 自分と仲間を”破壊”して……

融合させた……!! ―

異形の姿となった治崎が言います。

「さァ壊理を返してもらおうか。」

今週はここまでです。

治崎がだんだんと人間離れ
してきましたね…。

逃げ切るどころか最終的に
人としての意識があるのかな?
って感じに…。

クロノの能力も明らかになりましたね!

長針で遅くなるって事は
短針だと早くなるって事なのかな?

治崎がまさかあの隙にクロノのダメージを
治してたとは思いませんでしたよ!

そしてロックロックは妻子持ちだった…。

ここだけちょっとホッコリした
新事実でしたね!

しかもいい人だったし!

ここから来週の154話の予想です。

治崎の融合合体がどれ程強いのか
わかりませんがエラいことに~!

これってまた分解すれば
元の姿に再生出来るって事なのかな?

自分を分解って…!!
超クレイジー!!

相澤先生がせっかく治崎の能力を
消してくれたのに一瞬だった…涙。

でも治崎の方が不利だとは思います。

出久の他にサーもいるし。

クロノの攻撃も油断してたから当たったけど
警戒してればそんなに当たらないんじゃないかな?

でもトガちゃんとトゥワイスの密談が
気になります…。

なんかトドメに凄いことしそうだなぁ!

残りの個性破壊弾も気になります。

まだ弾が残ってるし…。

これ以上個性を失くす人は
出て欲しくないですね。

サーが危ない気が…少し…。

来週も楽しみです。

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク