マナスキンが使えず、立ち往生するアスタに
メレオレオナは帰れと言いますが、アスタは拒否します。
その続きです。

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

ブラッククローバーのネタバレ感想110話。111話の予想。ブラックアスタってまんまだな。

スポンサーリンク

アスタは荒い息をしながら考え続けます。

— 登ってみせると意気込んでみたものの
どうしたらいいかわからん———!!!

とにかく今のままじゃ先に進めね——…!!

この火山の頂上に辿り着くにはもう…
あの状態になるしか…!! —

以前魔女王の森で発動した黒い力の事を思い出します。

(でも…どーすればなれるかわからん———!!!)

頭からプスプス煙が立ち上ります。

「貴様の頭も噴火しそうだな。」

腕組みしてメレオレオナがその様子を見ています。

アスタがハッとしました。

「…そうだ…変身ッッ!!!」

ずばしっとポーズを決めますが何も起こりません。

メレオレオナがアスタの胸ぐらをつかんで持ち上げます。

「やっぱり帰っていいぞ。」

「だぁぁぁぁ今のナシで!!違うんス!!
オレやれるんス!!」

「せいぜい足掻いてみるんだな。」

そう言い残し、メレオレオナはアスタを置いて
頂上に歩いて行きました。

残されたアスタは黒い力をどうやって発動したか
思い返します。

— あの時は、死にかけてから無意識で発動したんだっけ… —

(じゃあ…)

ゴク…と唾をのみ込みます。

— マグマに…飛び込んでみるか…!? —

グツグツ煮えたぎるマグマを見つめます。

— オレはサラマンダー爆弾に突き進んだ男…!

まったくもって怖くないぜっっ!! —

フフフ…と青ざめながら笑い、ジリ…と足を一歩踏み出します。

自分の顔を両手で思い切りバシバシはたきました。

— いいや!!!違うだろ!!!

それはただの無謀ってやつだ!!
しっかり考えねーと!! —

しばらく考え続けた後、膝をついて天を仰ぎます。

— …だ、ダメだ!!!
やっぱり何も思いつかん!!!

あ゛ああ〜〜〜オレにも魔力があったならァァ〜〜〜〜
ちくしょー久々にみんなうらやまし〜〜〜

いや待て待てアスタ。
人をそねむのはもうヤメロ…。

オマエだっていろいろ… —

はっ とメレオレオナの言葉を思い出しました。

『 己のことをわかっていない莫迦には
絶対に無理だがな…!! 』

反魔法の剣を持ち、左手をじっと見ます。

— 【わかってない】って…

もしかしたらオレ、自分が持っている力を
まだ理解しきれてないんじゃ……!!

オレが持ってるもの。

㈰魔力の無いオレだから持てる反魔法の剣!

どんな魔法も斬れる…!!
けどこの環境はどうにも出来ない…。

㈪それを扱う為に鍛えた筋力!そして体力!

普通の登山になら通用しても、この火山じゃ限界…。

㈫そして今や日常的になってる、ヤミ団長直伝の
“氣”の感知!

マグマ噴火や落石はこれで気づけるけど —

飛んできた落石を氣で察知して剣で払いました。

「!」

— …氣…!!

—やっぱり…!!

スポンサーリンク

自分の中に自分の氣と…
剣から流れてくる別の黒っぽい何かを感じる…!!

コイツを…もっとこう力が巡ってく感じに………!

巡る…川…いや…輪っかか…?
それをイメージできる体勢は——…

【 これだ!! 】 —

剣を水平に持ち、刃の部分に左手をのせて
呼吸を整えます。

黒い力が剣を通じて自分の体に流れてくるのを感じます。

— ……!!よし…いいぞ…もっと流れ巡れ…!!

もっと…激しく…!! —

目を カッ と見開くと黒い氣が右半身に表面化しました。

「うぉぉぉぉぉきたぁぁぁぁぁ!!!」

そのままグンッと引っ張られ、空中に飛び出します。

「あぁぁぁぁぁ 止まらねぇぇぇぇ」

そのまますごい勢いで飛んでいきます。

その時レオ達紅蓮の獅子王の団員とノエルは
巨大な溶岩の化け物に悪戦苦闘していました。

団員が一人吹き飛ばされます。

「ここまで来て…ウソだろ………!?」

「コイツは…魔法生命体か…!?
生半可な攻撃じゃ、蘇ってくるぞ…!!」

レオが笑います。

「こんなヤツ倒せないでは魔法騎士の名が廃る!!」

「そうよ!やってしまいなさいレオポルド!」

ノエルが後ろからけしかけます。

「ってノエル!オマエ、ヤツに有利な水属性だろう!
何をやっているのだ!!」

「うるさいわね!私はマスナキンに集中するので
いっぱいなのよ!」

「ん?」

レオが後ろから何か来る気配に気づきます。

「 うぉぉぉぉぉぉぉ 」

【 片角(ワンホーン)ブル・スラスト!!! 】

猛スピードで飛んできたアスタが魔法生命体をぶち破ります。

ノエルが驚きました。

「アスタ!?その姿は…!!」

レオが指さします。

「さすが我がライバル!!新しい必殺技を身につけたか!!

その黒き風貌…ブラックアスタと名付けよう!!
ってもう行くのか〜〜〜〜〜〜〜!?」

アスタはそのまま猛スピードで行ってしまいました。

そのまま引っ張られるように飛び続けます。

「ヤバイヤバイ、止め方わかんね〜〜〜〜〜〜!!

都合よく頂上に行ってるけど何に向かって…!」

空を飛ぶその先にユノの姿をとらえました。

ユノも後ろから来るアスタに気付きます。

— ユノ…!!! —

ユノは噴火口の淵に着地しました。

「! アスタ…」

アスタは止まれず、そのままユノの脇を通り過ぎます。

「ぶわあああああ!!マグマに突っ込むぅぅぅ———!!」

アスタが白目をむいた時、メレオレオナが現れ、
突然強大な魔力を放出しました。

アスタの体がメレオレオナに突っ込んでいきます。

— 引き寄せられ—— —

「!どおおおお、に…逃げてくださいぃぃ———!!」

慌てるアスタにメレオレオナは不敵に笑います。

「逃げろ…?莫迦者、獅子において狩りをするのは雌だぞ!!」

その瞬間高速の速さでアスタの背後にまわり、
思い切りアスタの顔面をぶん殴りました。

「!!」

吹っ飛んだアスタはそのまま岩にめり込みます。

先に頂上に来て一服しているヤミとシャーロットは
感心しています。

「相変わらずメチャクチャだな
あのバイオレンスメスライオン。

空中でなんつー動きしやがんだよ」

「メレオレオナ様、流石だ…!」

岩にめり込んだアスタも感動しています。

— す…すげぇ———!!!
さすがフエゴレオン団長のお姉さん!! —

メレオレナがアスタに言います。

「少しは己のことがわかったようだな…。
だがまだまだだ…!!」

「…ハイッ!!!」

— コントロールきかなかったけど、力使えたぞ…!!

もっともっと強くなって…
王撰騎士団試験に合格してやる—!! —

鼻血をだしながら元気に返事をします。

更にメレオレオナが言います。

「よし!!それでは温泉に入ることを許す———!!
服をぬげぇぇぇぇぇ!!!」

— え〜〜〜〜〜〜 —
(てゆーかどこに温泉が!?)

アスタ、乙女のように体を隠します。

今週はここまでです。

レオナ様の熱血指導はアスタと相性抜群ですね!

この二人、もうコーチと生徒にしか見えん…。

強いなーレオナ様。
カッコイイですね!

しかしレオのブラックアスタはまんまだな!
でも他に言いようがないか。

あの黒い力を自在に操れたら
アスタは相当強いですけど、
剣の中の人はどーなったんだろう…。

ここから来週の111話の予想です。

無事頂上まで来れたので、温泉だー!

マグマがんがんですが、どこに良い湯加減の温泉が?

まさかマグマの中にマナスキンでって訳では
ないと思いますが。

そしていきなりアスタ、脱衣を命じられていましたが
先に来たヤミとシャーロットは言われてないのか?

男湯女湯別なのか、混浴なのか。
謎が尽きない!

レオナ様は色々な事を知っていそうですね。

ブラックアスタの事も、強力な力に引っ張られる事も
全部知っていたのではないでしょうか。

その辺のことも来週やってほしいなーと思います。

来週も楽しみです。

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク