紅蓮の獅子王の新団長が大激怒して
部下たちに怒りまくる場面に
アスタとユノが遭遇してしまいました。
その続きです。

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

ブラッククローバー ネタバレ感想108話。メレオレオレオレ…

スポンサーリンク

正座する部下たちを前に、紅蓮の獅子王の新団長の
怒りは収まりません。

『 紅蓮の獅子王は歴代1位か2位しか
とったことが無かった!!

それをよくも5位などというふざけた順位を
とれたなァァァ!!!

我が愚弟が寝こんだだけでこの在り様とは…
赤子か貴様らはァァ~~~~~~!!! 』

アスタがユノに聞きます。

「グテイって何!?」

「愚かな弟。」

― あの怖い女、フエゴレオン団長と
レオのお姉さん!!? ―

アスタは驚きます。

『 まったく…フエゴレオンの莫迦め……
とんだ府抜け軍団を育ておって…!!

こんな役立たず共を残して
いつまでも寝ているとはいいご身分だ!!

団長失格だなあの莫迦は―――――!!! 』

あまりに悪し様に言う団長に
アスタがムッとします。

うなだれ正座する部下たちも手が震えて
拳に力が入ります。

その時顔面を殴られて倒れていたレオがガバッと
起き上がり叫びました。

「そんな事ありません!!!
兄上は誰よりも素晴らしい団長です!!!!」

部下たちも一斉に叫びだしました。

「…そうです――――!!!
我々はフエゴレオン団長に騎士としての
在るべき姿をしかと教わりました。」

「誰よりも厳しく…しかし誰よりも熱く我々の事を…
この国の事を想っている最高の魔法騎士です!!!」

レオが団長に言います。

「たとえ姉上でも、兄上を悪く言うのは赦さな――――」

最後まで言う前に再びレオの顔面に姉の拳がめり込みました。

『 ならば口だけでなく、己の力で体現せんかァァァァァ!!!!

最高の団長に導かれた、最強の団だということを!!! 』

再び部下たちが口をつぐみ、レオは顔面を押さえます。

団長はさらにヒートアップして続けます。

『 あの大莫迦は貴様らを!!!この国を!!!
見捨てて死んだりは絶対にせん―――――!!!!

アイツが戻るまで貴様らが誇りある紅蓮の獅子王の
強さをみせつけてみろォ―――――!!!! 』

「――――……」

『 仕方が無いから愚弟の留守中は、私が貴様らをしごていやる……!!

【 返事はァァァ!!?】 』

「はいッッ!!!!」

レオも部下たちも涙目で返事をします。

その様子を見ていたユノは熱苦しさに引いてますが
アスタは感動の涙を流します。

すると団長が突然言いました。

「よし、じゃあ【温泉合宿】に行くぞ。」

突然の話に団員達はざわめきます。

― 温泉!? ―

「ってなんだ!?」

アスタがユノに聞きます。

「…本で読んだことがある…。
火山で温められた天然のお湯のことで
裸で浸かると気持ちが良いとか。」

「えッッ!?そんな合宿なら超楽しそーじゃないか!」

「楽そうだな。」

突然団長が会話に割って入りました。

「聞いたぞ。」

炎の獣の手がアスタの頭をガシッと掴みます。

「なら貴様も来い。」

アスタは顔面蒼白です。

― え゛え゛え゛え゛えええ!!?(なんか掴まれたー) ―

「いや、オレ他の団ですし…!!
よく知らない人についていったらダメですしっ」

レオは喜びます。

「おおッ!!アスタ!!
オマエも我がライバルとして同行してくれるのか!?」

「ちがう!!」

困るアスタをよそに、ユノはすたすたその場を立ち去ろうとします。

「じゃあな、アスタ。」

「あっユノ待てコラ」

炎の獣の手はユノの頭もガシッと掴みます。

「貴様もだ。」

― う…嘘だ…!!オレそういうキャラじゃないはずなのに… ―

レオが言います。

「この人に捕まればもう逃れることは出来ない………。
戦事や政、何にも興味が無かった故
表舞台に出なかった隠れた強(恐)者…

いざ戦えば恐らく兄者よりも強い無冠無敗の女獅子
メレオレオナ・ヴァーミリオン!!!」

メレオレオナが言います。

「新人1位2位の力、どの程度のモノか見せてもらおうか。」

アスタもユノも獣の手にぶら下がったまま冷や汗です。

― 何かヤバそーな人に捕まった―― ―

スポンサーリンク

場面は変わり、舞台裏で各団の団長達が集まっています。

まだシャーロットが二日酔いでぐわんぐわんしてる中、
ヤミが泣き笑いしながら上機嫌でみんなに挨拶します。

「やあやあコンバンワ!
黒の暴牛より下の団長さん達~~~~!」

ジャックとノゼルは青筋立てます。

ジャックがヤミに凄みます。

「万年最下位がたった一回上に行ったからって
調子乗ってんじゃねぇぞヤミ コラァ~~~~~~!」

ヤミはプププと笑います。

「万年最下位にブチ抜かれるってのはどんな気分かな~~~」

ノゼルも静かに怒ります。

「黙らんとその汚い口を塞ぐぞ…!」

紫苑の鯱の団長がヤミを注意します。

「ヤミ殿、それはそうとして欠席はダメですよ。」

リルが突然ヤミを庇いました。

「皆さん!!ヤミさんは凄い人ですよ!!

僕なんか一度最下位をとっただけで
こんなにも心が病んでるのに!!

ヤミさんはず――っとず――っと最下位だったのに
ヘーキな顔してたんですよ!!

フツーのハートじゃありませんっっ!!」

「お…おお…。」

ヤミもよくわからないまま返事します。

ぐーぐ ぐーぐぐぐ ぐぐぐーぐ ぐーぐぐ。

眠りながら話すドロシーにヤミがキレます。

「だからテメーは何て言ってるかわかんねーんだよォォォォォ!!」

ジャックが捨て台詞を吐きながら去っていきました。

「カッ!来年見てろよヤミィ~~~~~!」

「あれ?もう帰んのー!?
今日はテメーの酒につき合ってやってもいーぞ縦長マン!」

「うるせぇ」

ヤミは笑いが止まりません。

「じゃーオレ一人で呑んじゃおっかな!
爆上がりの祝い酒を!」

突然割って入る声がありました。

「一度上位に来ただけで、だいぶ浮かれてるな。」

「!」

ヤミが振り向きます。

「あ アネゴレオン。」

「誰がアネゴレオンだ。」

メレオレオナと炎の獣の手に掴まれたままの
アスタとユノがいました。

ヤミが爆笑します。

「小僧捕まってやんの~~~~~~!」

「貴様もだ。」

「え゛」

炎の獣の手がヤミの頭をガシッと掴みます。

「功績発表に遅刻どころが欠席しおって。
緩んでるようだから鍛え直してやる…!」

「いや…ちょ…もうオレ団長だから。
ヤメテ恥ずかしいから」

頭をぐわんぐわんさせながらシャーロットが
(ヤミめ…いい気味だな…)と見ていると

「貴様も。」

シャーロットも頭をガシッと掴まれます。

「え゛」

そこへノエルがやってきました。

「あ!バカスタ!こんなところにいたの!?
ちゃんとカホノ達の見送りに来なさいよね!!

あと私達の団が2位なのは別にアンタの
お陰じゃないんだから――」

「キサマ」

「え゛」

ノエルも頭をガシッと掴まれました。

「ちょっとぉぉぉ私はカンケーないじゃないのォォォ」

「捕まったオレ達がブドウみたいになってますよぉぉぉ」

「やかましいぞ」

獣の手に掴まれてすずなりになったアスタ達をつれて
メレオレオナがスタスタ歩きます。

そして一行は温泉合宿に向かいます。

着いた先は全員が白目をむくほどの凄まじい火山地帯。

【 強魔地帯 ユルティム火山 登山道 】

― お…温泉―――――!!? ―

メレオレオナが一喝します。

『 さぁ 行くぞ!!! 糞莫迦共ォ―――――!!! 』

今週はここまでです。

紅蓮の獅子王新団長の名前、舌かみそうです。

メレオレオレ…。

フエゴレオンのお姉さんなんですね。
じゃあ団長達の中でも結構年上だなぁ。
32~33才くらいなのかな。

これは逆らえん。

しかもやはり熱い!!ユノも言ってたけれども。
超超体育会系だー!

アスタはもの凄く相性が良さそう。

しかしまさかヤミもユノもシャーロットも巻き込んで
温泉合宿(?)とは予想出来ませんでした!!

そしてお姉さんの背後から生えるあの獣の腕。

無茶苦茶力持ちですが。
何本まで頭掴めるんだろう。

ここから来週の109話の予想です。

もんのすごい火山地帯にやってきましたが。

ここにちょうど良い湯加減の温泉なんて
湧いているんだろうか…。

お姉さんの行動があまりに予測不能で
修行の内容がさっぱりわからんのですが。

ヤミやシャーロットも修行すんのかなぁ。

でもお姉さんには逆らえない…。

多分ものすごい熱血合宿になるとは思うのですが
アスタはものすごく染まりそう!

つられてレオも…つられてユノも…つられてノエルも…
みたいにならないかな。

熱血連鎖みたいな感じに。

そして最後はみんなで泣くのだ。
無理か…。

お姉さんの厳しすぎるムチに
みんながどれ位くらいつけるのか。

そしてフレゴレオンはいつ復活するのか。

来週も楽しみです。

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク