魔法騎士団の功績発表が終わり、
満を持して国王の登場です。
その続きです。

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

ブラッククローバー ネタバレ感想107話。王様の性格鉄板すぎ!

スポンサーリンク

舞台にいる魔法騎士団への歓声が鳴りやまない中、
魔法帝が舞台中央出口を指して言います。

『 ―では功績発表も無事終わったところで皆お待ちかね…
我らがクローバー王国、国王の登場だ―――!! 』

アスタはビックリします。

「国王!?そーいえばこの国の国王ってどんなヤツなんだ!?」

ユノに聞いてもユノも知りませんでした。

国王が奥から舞台の中央へ、堂々と登場します。

― さぁ民衆共…余を讃えよ!! ―

「…………」

アスタもユノも無言です。

国王が魔法帝に言います。

「余のすぐ横に立つな。」
(余が目立たんだろ)

「あ はぁ。」

改めて、国王が自己紹介します。

『 えーオホン、我が国民達よ ご機嫌よう。
クローバー王国国王 A・キーラ・クローバー13世である。 』

国民達はまばらな拍手で微妙な盛り上がりを見せます。

「国王様ばんざぁ―――い…」

『 ……… 』

国王はその様子を無言で見ていました。

『 もっと余を讃えんかァァァァ――――――!!!! 』

突然キレた国王に、アスタはギョッとします。

国王は魔を放出しながらキレ続けます。

『 国王ぞ!!?余は国王ぞ!!?
この国で一番偉いのだぞ――――――――!!?
見よ!!代々受け継がれて来たこの神々しき魔を!!!

余の考えが!!余のルックスが!!余の何もかもが正しいのだ!!

魔法帝なぞより余の方が偉大なのだぞォォ――――――!!! 』

国民達はしーん…と静まり返り、皆同じ事を考えていました。

(……あぁ…魔法帝が国王にならないかな)

叫び続けて鼻息荒い国王に魔法帝が耳打ちします。

「国王、落ち着いて落ち着いて。」

国王は面白くありません。

(おのれぇぇ~~~~ユリウスめ…!こやつばかり人気を得おって……!!

それに…またしても金色の夜明けが1位だとォ~~~~!!
金は余が嫌いな色だというのに……!王族が団長を務める団を差し置いて…

気に食わぬ…気に食わぬ…!!)

― ここは一発かまして国民共の支持を得てやろう…!! ―

国王の目が光ります。

『 え―――今回は余より皆へ報告がある。

白夜の魔眼のアジトを突き止めた! 』

「おお…!!」

国民達が一気にざわめきます。

国王は続けます。

『 今までは奴らから襲撃を受けることが多く、後手に回る戦いばかりだった。
だが今度は違う!いよいよこちらから敵へ総攻撃を仕掛ける!!

その為に―――――…

魔法騎士団の中でもさらに選りすぐりの騎士を集め
最強の選抜隊を余が結成することとした!!

その名も【王撰騎士団(ロイヤルナイツ)!!!】

一週間後!!全騎士団員を対象とした試験を行う!!

この試験を通過した者のみ、王撰騎士団への入団を許可する!!

そして―――――余の王撰騎士団で白夜の魔眼を殲滅する!!

魔法騎士団員たちよ!!
己の魔導書をこの王国へ捧げるのだ――――!! 』

「おお~~~~!!すごい!!」
「王撰騎士団――――!!」

国民達は拳を振り上げて喜びに湧きます。

その様子を見て国王は満足します。

(フフフ…決まったな…!!
ユリウスが調べ考えたことだが、これで余のモノだ…!!)

アスタが言いました。

「何で王様が選ぶんだ?

オレ達がすげーと思ってるのは魔法帝や団長達で
王様じゃないんだけど。」

『 な… 』

アスタが続けます。

「オレ今まで王様が何かスゲーことした話、
ひとつも聞いたことないし…ユノあるか?」

「………いや。」

「スゲー魔力あるのに国民の為には何一つ
イイことしてくれたことないってことだろ?」

「………そうだな。」

スポンサーリンク

さらに続けます。

「オレ魔力ねーからはイマイチわかんないんだけど
…何かあの王様…オーラ無いってゆーか
器小さそうってゆーか…。」

ユノがつっこみます。

「オイ アスタ空気読め。
こういう時は本当のことを言ったらダメなんだぞ。」

「え じゃあやっぱりそーなの?」

二人の会話を聞いてジャックは大笑いします。

国王はワナワナ震えて叫びます。

『 処刑じゃァァァ―――――!!!

いくら強いとはいえ、やはり下民だったな!!!
その汚らわしい二人を即刻処刑せよ―――――!!!

さぁ早く殺せ~~~~~~!!! 』

「え゛」

アスタが青くなります。

国民達がどよめく中、魔法帝が間に立ちました。

「王よ、気をお鎮め下さい。

そしてどうか私に免じて二人を赦して頂きたい。」

柔らかく微笑みながら国王を諭します。

「この二人がいつの日か、王を護る盾になることも
あるかもしれない…。

それにこの程度のことで無闇に振り翳しては
王の権威が安く見えますよ。」

「………ぐぬ……!」

国王は返す言葉がありません。

魔法帝が国民に呼びかけます。

『 王撰騎士団…私も期待している!!
魔法騎士団員たちよ!!その勇猛な力を
しかと見せてほしい!! 』

シルヴァが胸中で呟きます。
(言われずとも…)

ジャックも闘志を燃やします。
(団員が選ばれれば団の評価に繋がるな。
ヤミの団に負けたままじゃァいられねー)

リルも決意します。
(頑張って次は最下位をとらないぞ――)

魔法帝の言葉に再び国民達が歓声を上げました。

「魔法帝―――!!」
「王撰騎士団バンザーイ!!」

国王は悔しさにギリギリ歯ぎしりします。
(お…おのれぇぇ~~~~~!!)

舞台裏でアスタが魔法帝に謝ります。

「魔法帝、すみませんでしたぁぁぁぁ」

「そういうわけで、王撰騎士団は更なる実績を
得るチャンスだよ。

やる気になったかな?」

「はいッ!!」

魔法帝がアスタとユノに言います。

「…凄いといっても君たちはまだ新人だ。
選抜試験には数々の猛者が来るだろう。

傲らずに進んでおいで。
待っているよ…!」

「……はいッッ!!!」

アスタは力強く答えました。

アスタはユノと階段を下りながら気合を入れてました。

「王撰騎士団か~~~~!
どんな試験があるかわかんねーけどやってやるぜ――!!」

「オレだけ受けっても泣くなよアスタ。」

「誰が泣くかぁぁ!!絶対合格して白夜の魔眼を
ぶっ倒してやる!!」

― その為にも…早くあの力を使いこなせるよーに
なんねーとな…! ―

アスタは魔女王の森で発動した黒い力の事を
思い返していました。

『 レオぉぉぉぉ―――――!!! 』

「うわッ!?」

突然の怒鳴り声にアスタが驚きます。

紅蓮の獅子王のレオポルドが脂汗をたらしながら
おずおずと返事をします。

「は…ハイ…!」

瞬間、顔面に拳がめり込みました。

『 この糞莫迦者がァァァ~~~~~~~!!!! 』

女団長がすごい剣幕で怒鳴ります。

団長の足元には倒れたレオポルドと頭を垂れて
正座する団員達がいました。

女団長はメラメラ魔を放出して怒鳴り続けます。

『 紅蓮の獅子王が5位だとオオ!!?
何だその体たらくはァァ~~~~~~!!?

貴様ら全員任務で死ぬ前に
今ココで殺してやろうかァァァ――――!!? 』

アスタは顔面蒼白です。

― 何か凄い修羅場に出くわしたァァ―――!!! ―

今週はここまでです。

国王様初お目見えでしたー。

何て鉄板な性格なんだ!国王様!
わかりやすいダメ王だー。

しかも結局おいしい所は全部魔法帝に
さらわれるという…。

でも魔とか魔法はすごいのか…な?
しかしアスタの話だと使った事はないのか。

わかりやすいダメ王だー。
いっそ気持ちいいですね。

あと紅蓮の獅子王の女団長すげーッス!
名前がいまだに出てませんが…。

多分ヴァーミリオン家の一族だと思うのですが、
なんでみんなこんなに性格が熱いのか!

こーわーいー!

紅蓮の獅子王は超体育会系ですね!

ぜひヤミ団長と対談してもらいたい。
ヤミ団長のすかした態度にイライラしてもらいたい。

ここから来週の108話の予想です。

アスタ、女団長に絡まれるのかな?

なんせ功績発表1位の期待の新人ですから。

命の危機になるような事には
ならんと思うのですが…多分…。

そして話は王撰騎士団の選抜試験に移るのかな?

枠がどれ位の人数かわからないですが
今まで共闘できなかった人が一緒に闘えるかも!

これは見たいですねぜひ!

どんな方法で試験をするのかわかりませんが、
これ各団の団長達も受けるのでしょうか。

ただこの試験、国王が結成するって言ってるので
王族有利のような気もします。

来週もう少し詳しい事がわかるといいなぁ。

来週も楽しみです。

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク