黒の暴牛の大躍進の貢献者、アスタを団長が
魔法帝のいるステージに投げ飛ばします。

その続きです。

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

ブラッククローバー ネタバレ感想106話。107話の予想。セッケはせこい。

スポンサーリンク

ステージに上がったアスタに観客やレベッカが
大歓声を送ります。

ユノが笑いながら迎えました。

(昨年からの伸びは黒の暴牛の方が圧倒的に大きい)
「アスタ、相当な数の星を獲ったみたいだな…だが…
魔法帝になるのはオレだ。」

アスタもユノを指さして怒鳴ります。

「オレだっつーの!!
つーかオマエの団の方が勝ってるだろが!
オマエこそ調子に乗るなよ!?」

大歓声の中、アスタがユノに言います。

「今回は負けたけど、次はお前の2倍星獲るもんね!!」

ユノも応えます。

「じゃオレはその2倍。」

「にゃにををを!?じゃーオレはその5倍じゃああ!!」

「今オマエはオレの何倍星獲ることになってる?」

「えっっ!?え~~~~~…10倍??」

「20倍だバカ。」

「ムキィィィィィ」

魔法帝が紹介します。

『 いやぁ―――すごい登場だったね。
彼が黒の暴牛で最も活躍した新人、アスタだ!』

アスタが軽く挨拶します。

『 ユノくんとアスタくんは共に新人の中で、
星取得数一位二位の期待の新星だ。

彼らは入国してたった半年で素晴らしい功績を挙げた!

しかも同郷の幼馴染で、二人とも弱冠16歳だ。』

会場の客たちは感心します。

「おぉ…!若いのに凄い二人だ―――!」
「どこの貴族だろうか…!?」

するとセッケが大声で周りに聞こえるように言います。

「いや、あの二人最果ての下民らしいぜ!!
しかもアスタってヤツは魔力が全く無い
インチキ野郎だとか―――!!」

大声を出した後、セッケはコソッと人ごみに隠れます。

(アスタのヤロ~~~、どんなセコイ手使ったか知らねーが
ガンガン結果だしやがって…!
もうこうなったら極限まで足を引っぱってやるぜ…!)

途端に観客に動揺が走ります。

「下民だって……!?」
「うそ…本当に実力で勝ち取ったのかしら…!?」

レベッカは苛立ちます。
(またコイツらこんなことを~~~~~)

ざわつく会場を見て、ユノが風の精霊ベルに言います。

「ベル」

「なに――――?」

「全力だ」

途端にユノの周りに風が巻き起こりました。

凄まじい風とオーラに会場中が驚きます。

アスタも訳が分かりません。

「? ユノ、何してんだ?」

ユノは笑いながら言います。

「アスタ…二人でした修行を思い出すな。」

「ん?」

アスタに向けて、突然ユノが強烈な風魔法を放ちました。

咄嗟にアスタも反魔法の剣で、ユノの魔法を弾き飛ばします。

反動で会場全体に強風が巻き起こりました。

おさまった頃にアスタが息を切らして怒鳴ります。

「って…毎度いきなり何すんじゃオマエはぁぁ~~~~~!!!

晴れ舞台で殺す気か、ユノテメコノヤロー!!」

ユノはしれっと答えます。

「生きててよかったな。
アレで死んだらオマエはそれまでの男。」

「何をををを」

観客たちは二人の力を目の当たりにして驚きます。

「………何て威力の魔法なんだ………!!」
「……そしてその魔法を防いだぞ……!!」

セッケもガクガク震えます。
(全っっ然レベルちげえ~~~~…!!)

改めて魔法帝が観客に言います。

『 ……二人の力を見て、まだその功績を疑う者がいたなら
出てきてほしい。

…確かに二人は下民だ。
だが誰よりも努力しこの場所へ辿り着いた…!!

誇り高きクローバー国民よ!!
二人の新人魔法騎士に拍手を!!
そして―――― 』

拳を振り上げて力強く言います。

『 身分の違いを乗り越え一丸となって
この国を勝利へ導こう――――――!!! 』

「魔法帝…!!」
「下民も…やるんだなぁ……」

「そうだ…身分がどうとか言ってる場合じゃないかもな……!
我々も…共に頑張ろう!!」

ざわざわしていた会場がしだいに大歓声に包まれます。
その様子を見てアスタがユノに言いました。

「ユノ…」

「ああ」

「オレ達…」

― ここまで来たんだな…!! ―

スポンサーリンク

二人でステージ上から観客たちを見下ろします。

魔法帝が言います。

『 とっても盛り上がって来たところで…
残りの順位を発表していくよ―――!!

3位”銀翼の大鷲”!!
星の数95!! 』

ノゼルは無表情です。

『 4位”碧の野薔薇”!!
星の数83!! 』

「姐さんっ!去年より一つ上がりましたよっ!」
ソルが伝えますが、シャーロットは泥酔してます。

『 5位”紅蓮の獅子王”!!
星の数76!! 』

「…あの馬鹿共…!」
新団長は面白くなさそうです。

『 6位”翠緑の蟷螂”
星の数69!! 』

「去年と同じかよ。
にしてもヤミのヤロォ~~~~」
ジャク・ザ・リッパーは面白くなさそうです。

『 7位”珊瑚の孔雀”!!
星の数67!! 』

ドロシーは寝てます。

『 8位”紫苑の鯱”!!
星の数51!! 』

新団長は、まあ仕方ないですね…と髭を撫でます。

『 9位”水色の幻鹿”!!
星の数49!! 』

リルはショックを受けて、顔面蒼白になります

「さ…最下位…!!な…何で!?どうして!?」

「オマエがアホな絵ばっか描いて
しっかりしてねーからだろ。」

笑って馬鹿にするジャックの言葉にさらにショックを受け、
そのままアスタに泣きつきます。

「アスタく~~~~ん!何でそんなに星もらえたの~~~!?
教えてよ~~~」

「わっ リル!?」

アスタもビックリします。

(この人本当に団長か…?)

ユノは冷めた目で見てます。

離れた場所から見ていたソリドは
グラスを持つ手をワナワナ震わせて悔しがります。

「黒の暴牛に…ノエルのいる団に負けただとォォ~~~」

観客たちの中にいたカホノは喜びます。

「やったねノエル~~~~~♪」

「フンっ!当然よ!」

「次は1位だね、きっと~~~~♪」

功績発表が終わり観客はさらに盛り上がります。

「今期も頼むぞ魔法騎士団~~~~~~!!」

ステージの奥から誰かが石段を登ってきます。

― フ…余興にしては上出来な盛り上がりじゃな…

さぁ、最高の歓声で迎えよ民衆共。

クローバー王国 国王の登場じゃ!! ―

今週はここまでです。

結果発表終わりです。

最下位はリル団長の所でしたねー。

一番カドの立たない人が最下位でよかったのでは…。
って言うと可哀そうだけど。

しかしやはり黒の暴牛の2位は衝撃を呼びましたね。
ヤミ団長席外しててよかったのかも。

表情には出さないけどノゼルは意外とショックだったのかも。

あとセッケも久しぶりに出ましたね!
この人忘れた頃に出て来るなぁ。

相変わらず気持ちがいい位の器の狭さ。

でもなんだかんだ言って初期からずーっといますよね。

そしていつもユノに悪事を覆される…。
こりないなー。

しかしユノもやる事が突然で怖い!
アスタもビックリですよ!

いきなり風の精霊の全力魔法て!
いやでも押さえていたとはおもいますが。

ユノは親しくなればなるほどいたぶってくる
S気質があるなぁ。

ここから来週の107話の予想です。

今まで存在をあんまり意識しませんでしたが
国王がいるんですよね!

何かそんな事言ってたような(ぼんやり…)

アスタやユノがあまりにも魔法帝の事言うから
魔法帝が一番偉いような気がしてました。

まだシルエットしか出てないから若いんだか年なんだか。

しかし結構な上から目線だな!
実際上なんだけども。

来週で星果祭編は終わりかな?

シャーロット団長は目覚めるのだろうか…。

意外といい祭りでしたね。

ノエルとアスタもちょっと距離縮まった気もするし。
シャーロット団長とヤミ団長の馴れ初めも聞けたし。

何よりキアトやカホノの体が完全復活したのが
良かったー。

あれは痛々しかった…。

アスタの腕も復活したので
また誰かと任務に行く話とか見たいですね。

今週はここまでです。

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク