一色の神業のうなぎ捌きにソーマ達は驚きます。

その続きです。

食戟のソーマの記事一覧はこちら!

10月25日にリリース開始!「ブレイドエクスロード」が新たな無料スマホゲームRPGのマスターピースに!?

「ブレイドエクスロード」は超王道ファンタジーRPG!

スマホRPGの新たなスタンダードになりうる作品が登場です。

野沢雅子さんや神谷浩史さんなど豪華スタッフが送るこの作品は、今年最後の大型スマホゲームといっても過言ではないでしょう。

バトル画面はこんな感じ!

FFっぽい雰囲気がありますね。

今ならリリース記念として、豪華報酬が入手出来ます。

遊ぶなら絶対に今です!

今年最後のお祭り的このゲーム、RPG好きなら遊んだら必ずハマると思いますよ!

ブレイドエクスロードを無料で遊んでみる場合はこちらをタップ!!

※DLの所用時間は1分以内。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。

食戟のソーマ ネタバレ感想210話。裸エプロンってそんなに恥ずかしい?

スポンサーリンク

司会進行の川島が興奮して実況します。

『 お———っとぉ———!!これは…驚愕です!
ウナギに目打ちしたその瞬間!
目にも留まらぬ早業でかっ捌いた———!

まさに一閃!!

十傑評議会元七席の実力はダテじゃないぃ———!! 』

はっ と川島が我に返ります。

『 で……ですが!中枢美食機関の敵ではありませぇん。
あの微笑みが敗北で歪む瞬間を楽しみにしておきましょーう。 』
(やばいっ…!つい実況熱が)

慌てて修正します。

一色の実力を見て叡山は残念がります。

「相変わらずの腕…活かし方を選べば無限に金を生み出せるのによ。
なんだって中枢美食機関に楯突くんだ、バカだよなぁ。」

竜胆が樹利夫に声援を送ります。

「ジュリオー!!お前も負けずにお前らしさをぶつけてけ——!
自信持って行くのがいいんだぞー! ……ん」

見ると樹利夫は感動に震えていました。

「うれしいよ一色…!やはり君の技はどこまでも美しい。」

「おおっ なんかわかんねーけど乗ってんなー。」

竜胆も一安心です。

一色の神業に新戸も驚きを隠せません。

「な……何なのだ、あの技術は…!?
まさか腹開きをあの精度とスピードで…!!」

吉野も言われて気付きました。

「え…?あ、たしかに!うなぎのお腹側から捌いてたね。」

水戸も感心します。

「…言われてみりゃ……!とんでもねぇな。」

新戸も納得します。

「あぁ……あれが一色さんの真の実力の片鱗というわけか。」

— うなぎには肋骨がないから、その柔らかな腹部へ
刃を正確に入れるのはそうとうな難易度…!

そのうえ新鮮で活きのいいうなぎほど
まな板の上で暴れるからな。

背開きに比べ、かなりの包丁技術が要求される開き方だ!! —

「いつものは…はだかエプロン姿からはとても想像できないな…。」

「そ そだな……。」

照れながら話す水戸と新戸の会話にアリスが割って入ります。

「ねぇねぇ何なの?はだかエプロンって。
ねぇねぇ教えなさいよぅ、秘書子ちゃん、肉魅ちゃん。」

「秘書子って言うな……。」
「肉魅って言うな……。」

質問にノーコメントで二人共アリスから目をそらします。

榊が不思議そうに言いました。

「……でも…一般的には背開きの方が主流よね。
腹開きは大阪や京都など、関西圏で発達したと聞いたわ。
それを何故一色先輩が…?」

その問いにえりなが答えました。

「それはそのはずよ。
一色家は、京都 祇園で室町時代から代々割烹店を営む血筋……。

東の紀ノ国家、西の一色家!

両家は和食における二大名門なのですから。」

「え……!!」

吉野は驚きます。

紀ノ国は昔の事を思い出していました。

— 紀ノ国寧々 4才の頃 —

「え?よその子が?
うちで一緒に住むの?お父様…。」

父親が答えます。

「京都の一色家は知っているね?
その家には古くからつづく仕来りがある。

将来跡継ぎになるお子が4歳になったとき…
郷里から離れた地で修行させるというものだ。

紀ノ国家は一色家と親交が深いため
多くのお子を受け入れてきたのだ。」

「ふうん……。」

「だから寧々、その子にはよくしてあげなさい。
年も同じだから友達になれるかもしれないよ。」

スポンサーリンク

— そして一色家の子供が来る日になりました。 —

「旦那様!到着なさいました。」

後ろに隠れる寧々に父親が言います。

「寧々 挨拶なさい。
……この子が一色家の跡取り 慧くんだ。」

そこには4歳になる一色がいました。

ある日一色が庭を眺めていると
奥の部屋から紀ノ国が声をかけました。

「さとしくん。」

あやとりとお手玉を差し出して聞きます。

「あやとりとお手玉どっちがいい?」

— 知らないお家に住む…きっと心細いよね —

(お父様からも言われたし、やさしくしてあげなきゃ!)

二人でお手玉を楽しんでいると、一色がある物に気付きました。

「ねねちゃん、これは何…?」

紀ノ国が答えます。

「あ…雅楽の楽器で…竜笛っていうの。」

「ががく…」

「吹いてみる?さいしょは音を出すだけでも
とてもむずかしいのよ。」

紀ノ国は得意げに話しますが、一色はあっさり
音を出してしまいます。

「あ こうやったら高音が出るんだね。」

「!?」

— 慧少年は紀ノ国家にて、料理修行をするかたわら
寧々とともにお稽古事にも取り組んだ。

そしてそのほとんどで、あっという間に
寧々に近い所まで技術を習得していったのだった。 —

あまりにあっさり習得されて、紀ノ国は悔しさで
目に涙をためます。

その話を聞いた極星寮のメンバーは驚きます。

「ってことは…あの二人って幼なじみだったのぉ!!?」

一色は笑って答えます。

「ふふ……そういう事になるね!」

「ちがうわ。」

すかさず紀ノ国が訂正します。

「居候して修行してただけだから。
なじんでたわけじゃないから!」

殺気をはなつ紀ノ国に一色が笑って聞きます。

「やれやれ…紀ノ国くんは今日もツンツンだなぁ。
どうして僕をそんな目の敵にするんだい。」

ぴく…と紀ノ国が反応します。

「……白々しい、分かっているでしょう。」

一色は笑って見つめ返します。

司会進行の川島が解説します。

『 さぁ第3カード!十傑側 寧々先輩は
順調に調理を進めてますぅ!

油を熱しつつ取り出したのは…?

桜エビ!さらに…おっと!衣のようなものが
バットに用意されてますー! 』

観客席も盛り上がります。

「これは…桜エビでかきあげを作るのか!」

檻の中の反逆者チームもつばを飲み込みます。

「ってことは完成する品はかき揚げそばかぁ…」
「それも極上のな…!」

紀ノ国がそばを斬り始めました。

途端に客席から驚きの声が上がります。

「そば切りに入ったぁ!!」

「うおぉ——正確!!速い!!精密機械かよ!」

えりなも感心して見入っています。

— 鍛え抜かれたそば職人は麺を0.1mm単位の
寸分たがわぬ細さで仕上げる

彼女も当然のようにその境地に達しているわね……! —

ソーマもそば切りに入りました。

「幸平もそばを切り始めたぞ!製麺機だけど。」

「ちくしょう、躍動感の差すげぇな。」

反逆者チームはソーマのそば作りの様子を窺っています。

— 幸平…どんなそばで行くつもりなんだ…?
もう頭の中に、いい選択肢が浮かんでるのか?

冷そばか!?温そばか!?どっちでいく!? —

紀ノ国が調理を続けながら一色に話しかけます。

「2nd BOUTでも必ず出て来なさい。
そこで私と戦うのよ。」

一色が笑って言います。

「……ずいぶん気が早いなぁ。
ジュリオくんに負ければ…僕は2ndには出られないけど?」

「……もうとぼけなくて結構。
分かっているのよ、私だけではなく他の十傑メンバーもみんな!

私があなたより上の席次だったのは、
貴方が本気を出してないからだという事を。」

— あなたは昔からそう……
私が時間をかけて覚えた技術をさらりと身につけて
なのにどこか余力を残している。

私にとってそれがどんなにみじめな事かわかるかしら? —

紀ノ国は一色に宣言します。

「もう我慢ならない…私たち第91期生最強の料理人はどちらなのか。
私の腕で示すわ。」

にこっと笑って一色が答えます。

「ごめんよ、わるいけどそれは無理だ。
なぜなら…

君はそのまえに、幸平創真という料理人に負けるから。」

「な………!!」

その言葉に紀ノ国がカッとなりますが
川島が突然割って入ります。

『 お————っとぉ!?ここで幸平創真が何か取り出しました! 』

紀ノ国も思わずそちらを見ます。

『 巨大な鉄鍋!!!鉄鍋です!それを……?
豪快に燃え盛る炎へプットオ———ン!! 』

反逆者チームも紀ノ国も「……?」と不思議そうに見つめます。

ソーマが切ったそばを片手に言いました。

スポンサーリンク


「んじゃ仕上げ、いきまーす。」

観客も驚きます。

「おいちょっと待て…?まさか————」

ソーマは一気にそばを鉄鍋に放り込みました。

「や 焼いた——————!!?」

「令か温か どっちなのかって見てたら焼いた——!!」

えー!!?と観客も反逆者チームも驚きます。

(な……!?せっかく打った二八そばを!!)
紀ノ国も戸惑いながら見ています。

— 焼けば、そばの上品な風味が台無しになってしまう……!!
一体なにを考えているの!? —

ソーマはニヤリと笑います。

『 これは……!どうやら——幸平VS紀ノ国の対決が
一番最初に審査へ突入する模様です!!! 』

今週はここまでです。

いよいよそば対決も大詰めになってきましたね。

今回は一色先輩と紀ノ国のつながりも明らかに!
一色先輩、すんごい名家の出でしたね。

でも幼少期から一色先輩は変わらない。

笑いながらそつなくこなす…。
ある意味一番いやみな…。

努力家の紀ノ国からすると天敵みたいな天才だなぁ。

でも一色家の落ちこぼれ者って言われたのは
なんでなんですかね?

第七席を剥奪されたからなのかな?

そして一色先輩の裸エプロンを何故みんな
かたくなにアリスに説明しないのか…。

裸にエプロンって事だよ!
っていう説明では足りないかな…。

ここから来週の211話の予想です。

ソーマのカップ焼そばの正体がじわじわと…。

分かったような分からないような…。

カップ焼そばって事は、焼いてカリカリにして
お湯に入れると戻るのかな。

それともカップラーメン風ではなくて
焼きそばみたいにソースで味付けして
カップに入れるって事?

違うかー。

ぐぬぬぬ、わからんー。

紀ノ国は桜エビのかき揚げそばなんですね。
これも温か冷かまだわかんないけど。

いずれにせよ、来週でそば対決は決着すると思います。

一色先輩の予言通りになるでしょうか。
私はなると思います。

あと女木島さんの対決、全然触れないんですが
どうなっちゃったの?

来週も楽しみです。

食戟のソーマの記事一覧はこちら!

10月25日にリリース開始!「ブレイドエクスロード」が新たな無料スマホゲームRPGのマスターピースに!?

「ブレイドエクスロード」は超王道ファンタジーRPG!

スマホRPGの新たなスタンダードになりうる作品が登場です。

野沢雅子さんや神谷浩史さんなど豪華スタッフが送るこの作品は、今年最後の大型スマホゲームといっても過言ではないでしょう。

バトル画面はこんな感じ!

FFっぽい雰囲気がありますね。

今ならリリース記念として、豪華報酬が入手出来ます。

遊ぶなら絶対に今です!

今年最後のお祭り的このゲーム、RPG好きなら遊んだら必ずハマると思いますよ!

ブレイドエクスロードを無料で遊んでみる場合はこちらをタップ!!

※DLの所用時間は1分以内。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク