ランク戦のMAPが市街地Dになり
各部隊が最終作戦確認を終えた頃
転送が開始されました。

その続きです。

168話に進む

166話に戻る

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらか、上の画像をタップ!

ワールドトリガーのネタバレ感想167話。168話の予想。修が心配。

スポンサーリンク

結束が実況します。

『 さあ各隊員動き出した。

初期配置は全部隊バラけて
転送された模様。

中央の大型ショッピング
モールの中には3人。

スナイパー4人と
玉狛の三雲隊長がバッグワームで
レーダーから消えた。

MAPを選択した鈴鳴第一は
モールでの合流を目指す動きか。 』

犬飼が補足します。

『 ってことはスナイパーの
射線を切って屋内戦狙いだね。』

結束が聞きました。

『 今回”夜”という環境設定が
追加されてますが

これもスナイパー対策の
ひとつということでしょうか? 』

嵐山が答えます。

『 うーんどうでしょうね。

オペレーターの視覚支援があれば
“暗視”状態にもできるので

ある程度経験を積んだ
スナイパーならそれほど
影響はないと思います。

逆に言えば

暗い所と明るい所を出入りするたびに
視覚支援を切り替える必要があるので

オペレーターの負担は少し
増えるかもしれませんね。

4人部隊の
玉狛第二は特に。 』

宇佐美が修に状況を説明します。

「他の部隊は大体みんな
モールに向う動きしてる。

予定通り千佳ちゃんは
外に逃がしていいよね?」

修の脳裏に遊真の言葉が
よぎりました。

” トーマ先輩は
「もっと追いこめ」って
言ってたな。

「追い込まれれば撃つ」って ”

― …………

今はまだためだ……! ―

「……はい!
千佳は外に避難させて
ください!」

『 了解!

千佳ちゃん行くよ!
暗いとこに出るときは
言ってね! 』

「わかりました!」

修が遊真とヒュースに指示します。

『 空閑とヒュースは
最速で合流だ!

合流するまで
敵は無視していい!

合流したらすぐ
攻撃に移れ。

敵の数が減る前に
点を獲るんだ!

ぼくもすぐに追いつく! 』

遊真が答えます。

『 了解。
おれは屋上から入る。 』

ヒュースが答えます。

『 オレは地上階からだ。 』

修は移動しながら考えます。

( 空閑とヒュースの
転送位置は最悪……!

……いや狭いMAPだ。
作戦に影響は少ないはず……! )

東隊もそれぞれ連絡を取り合っていました。

奥寺が指示します。

『 モールの東1階エントランスで
合流するぞ。

狙撃に気をつけろ。』

小荒井が了解しました。

『 OK

東さんはどうします?
外で様子見っすか? 』

東は少し考えます。

( 様子見もありな場面だが…
“夜”ってのが引っかかるな…)

『 ……俺もモールに入る。
慎重に行こう。 』

『『 了解 』』

影浦はスコーピオンを指先から延ばして
移動し続けショッピングモールに
辿り着きました。

北添と連絡を取ります。

「 ゾエおめー何階だ? 」

『 4階から上に向って移動中。
カゲは上からだよね?

下のフロアに誰かいる。

寄って来てるから
たぶん一人でも強い人。

遊真くんかな?
鋼くんかな?

ゾエさんドキドキ 』

影浦がバンッと扉を蹴破りました。

「 びびってんじゃねーよ! 」

『 ユズルはこっち来れそう? 』

ユズルは走りながら答えます。

『 先に始めてていいよ。
オレ下から登って行くし
ちょっとかかる。 』

『 了解~~ 』

北添が下に目を向けると
村上が走っていました。

すかさず銃を乱射します。

村上はレイガストの盾で防御しました。

すぐ影浦に連絡します。

『 鋼くんだった!
上に引っぱってくね。 』

村上も来馬に連絡します。

スポンサーリンク

『 ゾエ発見。

上で待ってるのは
たぶんカゲですね。 』

『 影浦くんか……。
できれば他の人が
よかったけど……。

太一どう?
いけそう? 』

1Fにいる太一は小荒井と鉢合わせ
しそうになって少し慌てました。

そのまま床を這って移動します。

『 もうすぐ着きます。
少々お待ちを。 』

来馬が走り出しました。

『 ……よし鋼。
二人で影浦隊に仕掛けるよ! 』

『 了解です。』

結束が実況します。

『 各部隊続々とモール内へ!
この流れは鈴鳴第一の
狙い通りか? 』

犬飼が言います。

『 東さんとユズルくんが
モールの中に入って来そう。

これは鈴鳴の予定とは
違うはず。』

嵐山が解説しました。

『 距離を詰めるのは
スナイパー側にも
リスクがあります。

攻めの姿勢が吉と出るか
凶と出るか……。』

『 そして……ん? 』

結束が何かに気付きました。

『 鈴鳴のスナイパー
別役隊員は上へ向かわず
1階の奥へ?

どこに行くつもりなのか? 』

突然奥寺のMAP表示に印がつきました。

犬飼が不思議に思います。

『 おっと奥寺
ここでバッグワーム?

隠密行動にしては遅い。
奇襲にしては早いような…。 』

結束は理由を察しました。

『 これはたぶん
オペレーターへの
いやがらせですね。

レーダー上で意味なく
出たり消えたりされると

気になってムダに
意識割かれるんです。

東さんの教え子っぽい
動きだわ。 』

犬飼が感心しまた。

『 なるほど。
さすが元・東隊。 』

モール内では北添・影浦と
来馬・村上が対峙して激しい
銃撃戦が始まりました。

『 影浦隊と鈴鳴第一が
2人ずつ合流して
本格的に戦闘開始!

吹き抜けをはさんで
まずは射撃戦から! 』

修は移動しながら銃撃戦の
音を聞いていました。

( 始まった…!
ガンナーの射撃音……

影浦隊と鈴鳴か? )

突然修の背後を奥寺が
走り抜けます。

「!!」

修は突然の事に不意をつかれ
奥寺も慌てて止まります。

( 三雲……! )

突進して攻撃に入った奥寺の剣を
修は何とか防御しました。

奥寺が東隊に伝えます。

『 三雲発見!
攻撃に移ります! 』

結束が叫びました。

『 あーっとここで
三雲隊長と奥寺隊員が遭遇!

お互いバッグワーム状態で
気付かなかったか! 』

宇佐美が謝りました。

「アタシの警戒ミスだ
ごめーん!」

ザッと立ち止まる遊真に
修が言います。

『 大丈夫だ! 』

「……!」

『 このまま東隊も
そっちに連れてく!
作戦変更はなしだ! 』

ヒュースも聞いていました。

遊真は了承します。

「……了解!」

結束が実況を続けました。

『 1階では東隊が
集結しつつあり!

つかまった三雲隊長は
どう動くか!?

一方上階での鈴鳴第一対
影浦隊

別役隊員が合流しない以上
戦力的にはやはり影浦隊の
ほうが有利か! 』

犬飼が言いました。

『 あー結束ちゃん

スカウト旅行ってたから
鈴鳴の一番新しい試合
見てないでしょ。 』

『 え? 』

『 最新の鈴鳴は
一味違うんだな
これが。 』

村上が鞘から黒い孤月を
抜きました。

今週はここまでです。

オペレーターの負担は
相当大きいんですね!

特に玉狛第二は!

4人にそれぞれ指示
出さなきゃいけないし。

1人に付き1人オペレーターが
付いてて欲しいくらいですねー。

しかもバッグワームで
出たり消えたりするとなると…
パニック!

そして早々に奥寺と
出会ってしまった
修が心配です。

やっぱ修…弱いイメージが…。
大丈夫ですかね…。

小荒井と東さんも至近距離に
いるんですけど!

前から薄々思ってたけど
修…運が悪いですな~。

大丈夫ですかね!?
東さんですよ!

スポンサーリンク

ここから来週の168話の予想です。

太一は一階にいるんですよね。

バッグワームで移動してるって事は
ここで極秘で何かするのかな?

作戦会議の話だと序盤にバババーっと
倒してくかんじだったので。

でもどうやって!?

設定を夜にしたのも
関係あるのかな?

そして今遊真とヒュースは
一体どこに…。

全員が最終的にはモールの
中に入っちゃうんでしょうけど。

全員移動しまくるので
状況がすぐ変わりますね~。

そして村上と影浦の
アタッカー対決が
早々に実現しました。

影浦のサイドエフェクトは
厄介そうですねー。

村上の孤月の色も変わったし
どういう攻撃するのか
早く見てみたいです。

太一の作戦と、どう連動するのかも
気になりますね!

来週も楽しみです。

168話に進む

166話に戻る

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらか、上の画像をタップ!

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク