心操人使が特別ゲストに加わり
1-A組,B組の合同戦闘訓練が
行われます。

その続きです。

196話に進む

194話に戻る

僕のヒーローアカデミアの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

僕のヒーローアカデミアのネタバレ感想195話。196話の予想。班分け決定!

スポンサーリンク

「心操――――!!」

尾白は驚きました。

出久は先程の心操の
言葉に合点がいきます。

「”まぁね”って
こういう事か。」

生徒達はざわめきました。

「あれ相澤先生の
捕縛布?」

「マスクはオリジナルかな。」

「よろしくなー!!」

青山が尾白に聞きます。

「会話すると洗脳
されちゃうんだよね。」

「初見殺し。」

峰田が言いました。

「緑谷掛ったけど
解いてたよ。」

出久は苦笑いします。

「正直マグレ破りだけどね。」

(面影を見たのは心操くんの
洗脳がキッカケ……。

タイミングが良いのか
それとも…。)

相澤が心操に促します。

「一言挨拶を。」

心操は過去の同級生達との
会話を思い返します。

“悪ぃことし放題じゃんか!!”

“足つかないしね~~”

“私ら操ったりしないでよ~~”

心操が挨拶します。

「何名かは既に体育祭で
接したけれど

拳を交えたら友だちとか…

そんなスポーツシップ
掲げられるような

気持ちの良い人間じゃ
ありません。

俺はもう何十歩も出遅れてる。

悪いけど必死です。」

出久は体育祭での心操の
言葉を思い返しました。

“恵まれた人間には
わかんないだろ

誂え向きの”個性”に生まれて

望む場所へ行ける
奴らにはよ!!”

心操は挨拶を続けます。

「立派なヒーローになって
俺の”個性”を人の為に
使いたい。

この場の皆が
超えるべき壁です。

馴れ合うつもりは
ありません。」

拍手が沸き起こりました。

「ギラついてる。」
「引き締まる。」

「※初期ろき君を
見ているようだぜ。」

※体育祭前のガンギマリ轟のことです。

スポンサーリンク

「そうか?」
「うん。」

物間が感心しました。

「いいね彼。」

相澤が言います。

「じゃ早速やりましょうかね。」

ブラドキングが箱を取り出しました。

「戦闘訓練!!

今回はA組とB組の対抗戦!!

舞台はここ運動場γの一角!!

双方4人組をつくり
一チームずつ戦ってもらう!!」

B組の生徒は喜びました。

「4人一チーム!
楽しそうだね。」

「楽しそう。」

「…心操を加えると41名。
この半端はどう解決
するのでしょうか。」

「心操は今回2戦参加させる。

A組チーム・B組チーム
それぞれに一回ずつ。

つまり5試合中2試合は
5対4の訓練となる。」

葉隠が怒りました。

「そんなん4人が不利じゃん!!」

「ほぼ経験のない心操を
4人の中に組み込む方が
不利だろ。

5人チームは数的有利を
得られるがハンデもある。

今回の状況設定は
「”敵グループ”を包囲し
確保に動くヒーロー」!

お互いがお互いを
“敵”と認識しろ!

4人捕まえた方が
勝利となる!」

B組の生徒は納得しました。

「敵も組織化してるって
言うもんね。」

「シンプルでいいぜ!」

飯田は頭を抱えます。

「ヒーローであり
相手にとっては”敵”!?

どちらに成りきれば
いいのだ!?」

八百万が答えます。

「ヒーローでよろしいかと!」

戦闘訓練の説明を続けます。

「双方の陣営には”激カワ据置プリズン”
を設置。

相手を投獄した時点で
捕まえた判定になる。」

ファンシーな檻に生徒たちが
ツッコみます。

「緊張感よ!!」

B組の宍田が言いました。

「自陣近くで戦闘不能に
陥らせるのが最も効率的。

しかしそう上手くは
いかんですな…。」

爆豪も理解しました。

「「4人捕まえた方」

…ハンデってそういうことか?」

相澤が答えます。

「ああ…。

慣れないメンバーを
入れる事。

そして5人チームでも
4人捕らえられたら
負けってことにする。」

「お荷物抱えて戦えってか。
クソだな。」

「ひでー言い方やめなよ」

心操は無表情です。

「いいよ。
事実だし。」

「徳の高さで何歩も
先行かれてるよ」

相澤とブラドキングが
それぞれに箱を持ちました。

「じゃ」
「クジな。」

A,B組それぞれに
五組の班が出来ました。

先生達は自分のクラスの箱を
心操に差し出します。

「じゃ心操引け。」

「それぞれ出た数字の
チームに入れる。」

A組のチームは1の球を
B組のチームは5の球を
引きました。

Aの1チームの切島が
心操を歓迎します。

「あんな事言ってたけどさ
仲良くやろうぜ!
よろしくな!」

梅雨が聞きます。

「”個性”の詳細を教えて。」

上鳴がジロジロ心操を見ました。

「モテる面だ。
モテるだろ?
俺にはわかる。」

心操がよろしくと挨拶します。

B組の5チームの物間が
心操を歓迎します。

「君いいよいいよ君!

共にA組をブチのめそう
じゃないか!!」

背後でクラスメイトが言います。

「彼の過ぎた言葉は
気にしないでくれたまえ。」

心操がよろしくと挨拶します。

お茶子が言いました。

「B組5番…
デクくんは再戦やね。」

出久はA組5チームなので
心操のチームと当たります。

「うん。」

― ”面影”は気になる
ままだけど今は ―

出久はゴソゴソとノートを
取り出し心操のデータを書く
準備をします。

「力をつけた心操くん。
どう来るのか楽しみだ。」

心操はカシュッとマスクを
装着しました。

「スタートは自陣からだ。
制限時間は20分。

時間内に決着のつかない場合は
残り人数の多い方が勝ち。」

芦戸が後ろから来る
オールマイト達に気付きます。

「オールマイトと
ミッドナイトが来たー!」

ミッドナイトがオールマイトに
聞きました。

「どっちが勝つと思います?」

「どうだろうねえ。
多くのピンチを乗り越えてきた
A組は確かに強い。

しかし…

成績を見ると実は
B組の方が伸びてるんだ。

トラブルがない分
着実に地力を上げている。

ピンチに力を発揮するA組か
堅実に全体を底上げしているB組か

楽しみだ。」

ブラドキングが号令します。

「じゃ、第一試合START!」

梅雨が背景と同化して壁を
這いずりながら偵察します。

「お互いある程度
手の内はわかってるけれど

基本数で押せるように
バラけないで行きましょう。」

奥で上鳴が言います。

「俺が皆から離れて
テキトーにぶっぱすりゃ
良くね?」

切島が却下しました。

「”離れて”の間考えてるか?
一人んなるぞ。」

「たしかに…!
あと塩崎やばいよな。

範囲あるし※負けたし。」

※雷は体育祭で塩崎に
完封されました。

スポンサーリンク

心操が言います。

「一番厄介な”個性”から
片付けたいな。」

「わかってるじゃん心操!」

「誰でもわかるでしょ。」

梅雨が割って入りました。

「こっちが茨ちゃんを
どうにかしたいと
思ってるように…

向こうもまず上鳴ちゃんを
どうにかしたいって
考えてるかも。

あとは経験値じゃ劣るものの
洗脳が強い心操ちゃん。」

上鳴が叫びます。

「頼りにしてるぜ皆…!!」

切島も考えます。

「2人が暴れられる
状況をつくりたいな!」

口田の元に偵察の鳥達が
帰ってきました。

クルル…と鳴く鳥に口田が
感謝を伝えます。

切島が緊張感を走らせます。

「さっそくか!いた?」

「左方向から塩崎さん!!
一人だって!

ツルで広範囲を探りながら
こっちに向ってる。」

「女の子に寄ってたかんのは
気乗りしねェが…」

全員バッと駆け出しまた。

瞬間梅雨が反応するより早く
宍田が現れ切島と梅雨を
鷲掴みします。

【 ガオンレイジ 】

そのまま梅雨を床に
投げつけました。

上鳴は驚きます。

「え…切島ァ!!!?
梅雨ちゃん!」

宍田が言います。

「口田氏の索敵に補足されるのは
折り込み済みですぞ。

塩崎氏を最も警戒するで
あろう事も!

彼女を囮に私は
這い寄り近付く!

準備をさせれば上鳴氏の
独壇場となる可能性が高い。

それ故愚直に攻め入る!

私は鼻が効くのですなァ
アアアア!!」

宍田はガハハハと豪快に笑いました。

【 宍田獣郎太 】

“個性”「ビースト」

獣化し体格筋力聴力嗅力視力を
大幅にアップします。

ただし獣化中はとてもハイです。

宍田の背中から円場が
現れました。

― 仲間を巻き込む放電は
出来ないぞ上鳴電気! ―

「個性を伸ばした新技!」

フッと口田に吹き矢のように
空気を放射します。

四角い壁が口田の体を
ガチッと覆いました。

【 エアプリズン!! 】

「音を一切通さない独居房だぜ!」

心操がサッとマスクに触りました。

円場の声で言います。

「よっしゃ蹴散らせ宍田―――!!」

宍田が答えます。

「任されましたぞオオオ!!」

「おつかれさまでしたァァ―――!!!」

その瞬間宍田は立ち尽くします。

円場は驚きました。

「――…俺の声で喋りやがった…!?」

出久も驚きました。

「あのマスク―――…!」

心操はマスクのチャンネルをチキチキ回します。

「”もう一つの声帯”
ペルソナコード」

宍田の洗脳が完了しました。

今週はここまでです。

合同戦闘訓練が始まりましたね!

心操の力の入りようを見ると
やっぱりこれは編入試験的な
意味があるのかな?

相澤先生は体育祭の時から
結構心操を買ってたような
気もしますし。

積極的に相談に乗っていた
のかなぁ。

捕縛布も借りてるし。
操るの難しそう…。

編入出来るといいなと
思います。

ルールもハッキリしましたね。

捕縛合戦って事かな?

一試合目始まりましたけど
梅雨ちゃんがすごい投げられかたで
ビビってます…。

そして心操のマスクの機能が
明らかに!

色んな人の声帯を真似出来るって事?
これは怖いですね~。

でもまだ超凄い機能ありそうです!

ここから来週の196話の予想です。

あっという間に洗脳されちゃった
宍田ですが…。

心操の洗脳って強い衝撃で
解けちゃうんじゃなかったっけ?

その辺もレベルアップして
強化してあるのかな?

今回まったく出番のなかった
麟飛竜が出てきそうですよ!

キョンシーみたいなコスだけど
どういう個性なんだろう…。

心操が宍田にどんな命令を
するのかがカギですね。

今のところビビってるだけの
上鳴は来週活躍するかな?

掴まれたままの切島は?

心操は捕縛布を使うのか!

そして梅雨ちゃんは
無事なんでしょうか…
気になります!

個人的にはもう少しだけ
以前よりもレベルアップした
みんなの個性を見てみたいですね!

来週も楽しみです。

196話に進む

194話に戻る

僕のヒーローアカデミアの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク