ブラッククローバー ネタバレ 感想 97話 98話 予想

瀕死のアスタの右手からどす黒い魔力が。
その続きです。

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

ブラッククローバーのネタバレ感想97話

スポンサーリンク

「あれ?………何だココ?」

何もない空間に、アスタが浮遊しています。

「…………これってまさか…オレ…死ん————…

ウソだろォォォォォ!?まだシスターと結婚出来てねーぞ〜〜〜〜〜!?

—————— それに…」

脳裏にユノの姿が浮かびます。

すると背後から何者かに声を掛けられます。

『 ヨォ 』

後ろを振り向くと、巨大な黒く揺らめく人影が喋っていました。

『 いらっしゃい 』

「ぶわああああああああああ!!!
何だオマエは〜〜〜〜〜〜〜〜〜!?!」

アスタは当然パニックです。

『 ゲゲゲ 何だとはつれねーな
オマエの一番近くにいたっていうのによ 』

アスタは思い切り否定します。

「…………!!いや、オマエみてーなヤツ断じて知らん!!」

『 ゲゲゲ まぁ何だっていーさ…
オレが現世に実体を持つチャンスなのに変わりはねー… 』

いきなりアスタに向かって巨大な手を伸ばしてきました。

『 オマエの体もらうぜ 』

グアッと襲い掛かってきた手を、寸前でかわします。

「どわぁぁぁ!!いきなり何すんだテメ〜〜〜〜〜〜!!」

『 なぁに悪い話じゃねーさ…勝ちてーんだろ…?あの人間に。

オレに任せときゃ叶うぜ? 』

アスタは訳が分からず戸惑いますが、

「うるせぇぇ〜〜〜〜〜!!オレはオレの力でアイツに勝つんだ!!!」

ハッキリ断り、人影の腕にガシッとしがみつきます。

『 つべこべ言ってねーで、オレに意識を委ねろよ。
気ぃ失うだけでいいんだから。

オマエみてーな小人じゃ勝てねーからよ 』

アスタも負けずに言い返します。

「小人なめんじゃねぇぇぇぇ!!
たけーとこから見下げてくれてどーもデカブツ!!」

そのまま一気に人影の腕を駆け上ります。

「お陰で見上げて、駆け登れるぜ—————!!!」

『 ゲゲゲ 登れねー場所もある 諦めろって…! 』

駆け登り、拳を握りしめ人影に一発入れようとします。

「諦めないのがァァァァ…!!!」

瞬間、ラドロスと対峙していた現実世界に戻ります。

【オレの魔法だ】

立ち上がるその姿。

右腕に禍々しく揺らめく黒い影、背には黒い翼がまとわりつき、
反魔法の剣も真っ黒に染まっていました。

放たれる強烈な気は、周りの植物も枯らしていきます。

ラドロスも、アスタの異変に戸惑いを隠せません。

ノエルも魔力とは違う不気味な黒い影に、驚きの声を上げます。

「…………アス…タ…!?」

その様子を森の女王が水晶で見ていました。

「意識を失うと思ったが…どうやら制御出来たようだな…」

断魔の剣には反魔法のエネルギーが絶えず流れています。

本来ならば、誰も握れない剣なのですが、
魔力のないアスタにはその力が流れます。

アスタはその力の出力・停止を無意識に行っていました。

森の女王は、アスタの腕の治療時に輸血した自身の血の力を使い、
力の流れを速め、その出力のタガを意図的に外しました。

結果、反魔法の力は激流の如きものとなり、
アスタ自身も反魔法の憑代となりました。

スポンサーリンク

その体の異変をアスタ自身も感じています。

—— …なんだこれ…冷たい湖に入ったみたいな…ひんやりした感覚…
びっくりするくらい頭が冴えてやがる…

そんで力が漲って来る  ————

黒く染まった反魔法の剣を強く握りしめます。

森の女王は言います。

「…ヤツの血縁の者かと睨んだが…違ったな。

オマエは突然変異で体に魔が宿らなかった、ただの欠陥品だ。

…だがそれ故に、その剣を握れた…」

禍々しい黒い気を放ち、立ち上がるアスタに森の女王は言います。

【 オマエは特別でも何でも無い

だからこそ特別な存在たりうる 】

ラドロスは不気味な気を放つアスタに恐怖を感じています。

「………!!何…だこの感じは…!何なんだオマエは……!!

オレの前から…消えろォォォォ!!!」

サラマンダーの強烈な炎をアスタに向けて放ちます。

瞬間アスタは反魔法の剣を抱えて炎を真正面から
切り裂きながらラドロスへ向かって突進していきます。

森の女王の周りを無数のカラス達が飛びかいます。

「もはやあらゆる魔法はオマエの前で意味を成さない。

仕留めろ 」

アスタの予想外の反撃に混乱するラドロスは、
慌てて空中へ逃げ、サラマンダーの炎を再び放ちます。

森の女王はそれを冷ややかに見ています。

——— 溢れ出る反魔法は…【魔力を追尾する】 ———

アスタはその追尾の力で空中のラドロスに飛び込みます。

サラマンダーの炎を一直線に切り裂き空に駆け登る姿は
ノエルの目には黒い流星に見えました。

突進してくるアスタにラドロスが叫びます。

「————な…何でだよ!!?オレはどいつもこいつも蹴落として登って来たんだ!!

何でオマエはァァァァ」

「高め合ったオレの方が 【強い!!!】」

アスタの剣がラドロスを容赦なく切り裂きました。

【ブラックメテオライト】

今週はここまでです。

あの黒い人影って何なんだ…。

反魔法の剣の擬人化的な物なんでしょうかね。
アラジンのランプの精霊的な物?違うかー。

それにしてもアスタ、必殺技の名前決めるの早っ!

そしてさらに気になる、森の女王の言う「ヤツ」って誰!?

結構前からこれ、言ってる気がするのですが、
メチャクチャ気になる!

過去、反魔法の剣を扱えた一族みたいなのが
いたって事なのでしょうか。

森の女王、ネタ一杯持ってますね!
どこまで教えてくるのでしょうか。

ここから来週の98話の予想です。

今度こそ、ラドロス戦決着!のはず!
殺してはいないと思うので、逃げ帰っちゃうかな?

黒アスタ状態もそう長くは続かなそうですし。

とゆーか、これが解けたらアスタの体、大丈夫なんでしょうか…。

全員ボロボロなので、来週は体、回復の回でしょうかね。

フィンラルが回復しないとどーにもこーにも
帰れませんしね。

来週も楽しみです。

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク