絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらか、上の画像をタップ!

『美醜の大地 19話のネタバレと感想。20話の予想。』

見えてきた復讐すべき絢子の姿が。終われない。目的をはたすまでは。

『美醜の大地 19話 ネタバレ』

スポンサーリンク

サチの協力が必要だと進司を人質にとる敏恵。
息子を人質にとられ協力させられるサチ。
2人が企むのはハナへの逆襲でした。

絢子の屋敷へ行くと決めた郁恵。
ですがサチは頑なに拒みます。

絢子の夫である(結婚はしていない?)白川の「お人形」にされたトラウマがあるから。

変わった趣味をお持ちの白川さん。
その趣味は絢子の前だけにした方がいいと思いますが。

そんなトラウマがあったら、白川がいる屋敷になんて行きたいとは思わないですよね。
例えハナへの復讐が目的であるとはいえ。

サチの息子進司は白川の刺客である加也と森哉に声をかけられる。

進司は白川の手下になってしまうのでしょうか。
まだ小さい子供なのに大人たちの事件に巻き込まれてかわいそう泣

絢子の屋敷に同行する事は拒否したサチですが
変わりに記者の錦貫から情報を聞き出します。

やりたくなかったかもしれませんが息子を人質にとられているので逆らえません。

息子を人質にとって強力を依頼するなんてちょっと汚いやり方のような気がしますが。

錦貫から情報を聞き出す役割を与えられたサチ。
錦貫が入院している病院に向かいます。
そこでサチは錦貫の後輩である相原と接触してしまいます。

病院で会った錦貫の後輩は刑事をしていました。

目覚めた錦貫は病院を抜け出します。
そんな錦貫の前に「市村 ハナ」が現れました。

「自分にも小石川 菜穂子にも二度と関わるな」

錦貫は目の前に突然現れたハナにそう言いました。
想いを寄せている小石川 菜穂子と市村 ハナが同一人物だとは知らずに・・・。

「非国民の子」と責められた子供時代の経験を持つ錦貫。
その経験を話す事でハナの復讐を想いとどまらせようとしました。

しかし錦貫の話を聞いてもハナの気持ちが揺らぐ事はありませんでした。

自分の時間はすでにとまっている。
永遠の苦しみと恨む相手への復讐しかないのだ・・・と。

スポンサーリンク

『美醜の大地19話 感想』

敏恵に協力しているサチですが、本心ではもう関わりたくないと思っているのでは。

進司くんのために仕方なくというか、渋々という感じでのハナ復讐への協力。
進司くんが人質になっていなかったら復讐に協力しないで良かったかもしれないのに泣

人質にとられた進司くんに近づく魔の手。
幼い進司くんを、この復讐劇に巻き込もうとしているのでしょうか。このままでは進司くんが・・・。

ハナに再会した錦貫は、なんとか復讐を食い止めようと説得しますがダメでしたね。

でも、自分の辛い経験を話してまで復讐をとめようとしてくれた錦貫の気持ちはハナにちゃんと届いたと思います。

ハナが菜穂子だと知っても受け止めてくれるのかが気になりますが。
2人が同一人物と分かった時、顔も違うし罪も犯している。そんなハナに錦貫はどう接するのでしょう。

昔から人に侮辱され続けた、母と弟大切な人を失ったハナは絢子への復讐を諦める事が出来ないんですね。なにを言われても何をされても絢子に復讐するまでは。

それにしても登場人物多くないですか?それに色んな事が複雑に混ざり合って。
頭の悪い私はついていくのが精一杯です泣

『美醜の大地 20話の予想』

錦貫とハナの関係が深まるというか、またどこかで再再開するかなと思います。

無関係の人を巻き込みたくないというハナ。ハナに復讐を辞めさせたい錦貫。
ハナは錦貫を遠ざけようとするけど、鼻が菜穂子だと分かっても錦貫はハナの支えになってくれると思います!

進司くんがどうなるか。心配です。このままだと白井群に入ってしまう泣
誰か阻止してほしいです。ハナが助けてくれるかもと個人的に予想しています。

進司くんは、関係ないから。巻き込みたくないから。

20話では絢子が登場しそうですよね。というか、99パーセント登場するのではないかと。郁恵は絢子の屋敷に行くと言っていましたし。

絢子と郁恵はハナへの復讐に燃え上がっています。ハナに何かが起こりそうで心配です泣

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらか、上の画像をタップ!

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク