ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

ブラクロ(ブラッククローバー)のネタバレ・感想124話。125話の予想。一番の漢はソルなのでは…。

スポンサーリンク

敵の中でも一番の強敵キルシュを
ザクスの作戦で見事に気絶させました。
その続きです。

ミモザの植物魔法がソルの土兵士の腕を
吹き飛ばします。

「なかなかやるなぁ!!でも―――」

吹き飛ばした腕が土砂になり
ミモザに襲い掛かります。

― 土魔法 ”土塊封じ” ―

「きゃあ!!」

ミモザは土に固定されて動けません。

「女を傷つける趣味は無いんでね。
そこで休んでな!」

ソル笑いながら言います。

「……アスタさん達…!」

ミモザはどうする事も出来ません。

ソルはそのままアスタ達の元へ向かいます。

「さて…あのメガンキー
どこまでやれるかな?」

その頃ザクスは白目を剥くキルシュに向かって
グチグチ悪態をついていました。

「魔力が凄いからってそれを過信しすぎたなァァ
王族さんよ~~~~~~!

こんな原始的な罠にかかりやがって、
副団長が聞いて呆れんだよ、辞めちまえバカ。

てゆーかキモチワリーんだよ。
クソナルシスト馬鹿が。
自慢の美顔が大変だよ?」

アスタがたまらず止めます。

「いや、気絶してる相手にもうやめたげて!!」

穴に落ち、アスタの剣の下敷きになったまま動かない
キルシュを見てアスタが感心します。

「それにしても落とし穴つくるなんて
よく思いついたな~~。

まさかオレの剣も地面を掘ることに
なるとは思わなかったろーに。」

「あの短時間で穴掘ってそんなに疲れてねー
テメーに驚きなんだよ、筋肉体力化物チビ。

さて…どんだけキモくても実力者だ…。
何するかわかんねーから―――

入口の近くに魔法陣をセットする。」

ザクスは魔法陣を描き、穴の近くに固定しました。

アスタが感動します。

「おおっ!そうやってセットしてたのか!
カッケーな!」

ザクスは笑います。

「これでコイツを助けようとしたらドカンだ。

さらに念の為に生き埋めにしとこう。」

サラッと言うと周りの岩を魔法で崩して
ドカドカ埋めていきます。

アスタが焦ります。

「おいいいい――――!!
やりすぎだろォォォ!!
オレの剣~~~~~~~!!」

突然誰かの声が割り込みます。

「この物音…コッチかァァ―――!!」

「この声は…!」

アスタが振り向くとマグナが猛スピードで
走ってきました。

「見つけたぜ、魔晶石ゥゥ~~~~~!!」

― 炎強化魔法”博打走塁” ―

「マグナ先輩!!はやァァ――――!!」

マグナは慌ててストップします。

「――――っとォォ!!

オマエの間合いには入らねーぜ、アスタぁ~~~~!
この距離がオレの必勝ゾーンだ…!!」

すうっと手を構えると手の中に火球を作ります。

「洗礼の儀ン時のリベンジといくぜ―――!!!」

思い切り振りかぶりました。

アスタも剣を構えます。

「いらっしゃいませ、マグナ先輩ィィィ!!」

剛速球を投げます。

「死ねぇぇぇぇぇぇぇ」

アスタは球筋を完璧に捉えました。

スポンサーリンク

― よし!!!今のオレなら完璧に捉えられる!!

もらいましたよマグナ先輩ィィィィィィ ―

剣で火球を打とうとした瞬間
目の前でフッと消えてしまいました。

「え」

アスタが勢いよく空振りした直後、再び火球が背後に現れ
魔晶石に命中しました。

「!!――――な…!?」

アスタは驚きます。

マグナは嬉しそうに笑いました。

「ワハハハハハ!!
見事に空振ったなぁ――――!!

オレの新魔法”極殺消滅魔球”は
消える魔球!!

オマエの眼前で消しちまえば
当てようがねーだろ!!」

アスタが冷や汗をかきながら苦笑いします。

― なんつー魔法っスか……!!
マグナ先輩、流石だぜぇぇ!! ―

見ていた国王や魔法帝も驚きます。

アスタは焦りました。

― マグナ先輩に近づこうにも
さっきの爆走魔法で逃げられちまうし
魔晶石を狙い撃ちにされる…!

一気に距離を詰めるにはブラックに
なるしかねーけどまだインターバルが
足りねー…! ―

「あ…やべー

ミモザ戻って来てくれ~~~~!!」

ザクスが言います。

「オイ、クソチビ。

10分…いや…5分耐えろや。」

魔法を発動し始めました。

アスタにも希望が見えてきます。

「………!おう!任せろ!!」

その頃キルシュは昔の夢を見ていました。

絨毯に乗り、ミモザと空から街の一角を見ています。

みすぼらしい女の子が盗みを働き
店主が慌てていました。

キルシュがミモザに言います。

「見たかミモザ…!
あんな幼子までもが犯罪に
手を染めている………!

貧しい者は心まで貧しい…!
芯から醜いのだ!

それは子供の頃から大人になっても
年寄りになっても…
醜い者はずっと醜い…!!」

だんだん遠くから声が聞こえてきました。

「………う…。」

頬をビビビビと連打されます。

「起きろって言ってんだろ――――!!」

「!!――――…貴様は…!」

ソルがまた殴ろうと手を上げていました。

「やっと起きたかナルシスト!」

キルシュが頬を腫らして起き上がりました。

「貴様この私の美しい顔に
何てことをする!!」

「私がはたく前からなかなか
ヒドくなってたぞ。

まったく…アンタさぁ、
前の試合の勢いはどうしたんだよ。」

キルシュが慌ててソルに聞きます。

「……!!それより…まさか貴様まで
下民じゃああるまいな…!!」

ソルは呆れます。

「はぁ~~~~~

そんなこと言ってる場合か?
私は平民だけど。

魔法帝も言ってたじゃんか。
身分の違いを乗り越えて戦えって…!

私だってホントは男なんか
助けたくたいんだぞ!

でも…シャーロット姉さんの為さ…!

姉さんは私に生きる希望を
与えてくれたからな!

アンタには自分のワガママ抑えて
戦う理由…無いのか?」

「………!!」

キルシュは言葉が出ませんでした。

一方その頃アスタはマグナの消える火球に中々
反応出来ず、魔晶石に再び火球がヒットしました。

アスタは焦ります。

(くそォォ~~~~~また外れた!!
速くて氣が読み辛いし、的が小さくて当てにくい…!!)

マグナはまた手の中に火球を作ります。

― 下民のオレは貴族王族様みてーに
ドバドバ高威力の大放出魔法使って
魔力ムダに出来ねーからなァ…!

それがゆえ生まれた
必中の技巧派魔法!!

チマチマしてよーが
これが下民の闘い方だ
ボケぇぇ――――――!!! ―

大きく振りかぶって火球を投げました。

「ふんぬあああ!!」

アスタが消えた火球の球筋を読み、
初めて剣に当てます。

マグナは驚きました。

「なにィィィィィ!!?」

「よっしゃ、やっと当たったァァァァァァ!!
ばっち来いっスよマグナ先輩ィィ―――!!!」

マグナが火球を乱発します。

「望むところじゃ、
死ねぇぇぇぇ!!!!」

アスタも素早く反応して剣に当てまくります。

マグナが苦笑いして投げ続けます。

― やっぱやってくれるなアスタ、コラぁ~~~~!!

もうほとんど通さねぇじゃねーかボケぇぇぇぇ!! ―

アスタも苦笑いします。

― まだ5球に1回は通される――――!!
このままじゃ魔晶石が…

ヤベーなマグナ先輩
すげえええええ!! ―

魔法騎士たちに混じってその様子を見ていたラックが
興奮してウズウズします。

「いいないいなあ~~~~~!
早く僕もヤリたいなあ~~~~~!!」

マグナは火球を投げ続けています。

― ―――――アスタ…!!
マジでスゲーヤツだよ
テメーはコノヤロー…!!

オレを…オレ達を強くしてくれて
ありがとーよクソッタレぇぇ!! ―

「だがなアスタぁ―――…

決勝戦で闘うのはオマエと
あのユノってヤツじゃねー……!!

オレとラックだ!!!」

マグナとアスタの激しい投げ合いは
勢いを増していきます。

突然キルシュが大量の桜の花びらと共に
飛び出してきました。

「この私を差し置いて何をやっている―――」

アスタは驚きます。

「!げ!!復活してる~~~!!」

ザクスが言いました。

「出来た…!!」

ザクスの魔法が発動します。

今週はここまでです。

熱い魔法スポーツ漫画!

消える魔球…。

試合終了後は絶対アスタもマグナも
笑って握手ですよ。

マグナはアスタの強さを認めてるけど
ライバルはやっぱりラックなんだなぁ。

アスタとユノもそうですが、
同期って別格に意識するもんなんですね。

そんな中、ソルは男よりも漢だった!

やる事なす事がいちいちカッコイイなぁ。

女は傷つけないしね!惚れる!

お兄さんも意外と早く復活しましたね。

ここから来週の125話の予想です。

ミモザはこのまま土魔法で
リタイアになっちゃうのかな?

その代わり、ザクスがだんだんいい感じに
協力してくるようになりましたね!

最後に彼が完成させた魔法が勝負の分かれ目に
なりそうです。

罠魔法なのか、普通に攻撃魔法なのか。

キルシュも完全復活しちゃいましたしね。

今マグナ側の魔晶石の側には
誰もいないんだなぁ。

何らかの方法でミモザがソルの土魔法から
出られれば魔晶石破壊のチャンスなんですけどね!

来週も楽しみです。

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク