ソーマの熱意に打たれて
女木島が連帯食戟の参戦を決意しました。
その続きです。

食戟のソーマの記事一覧はこちら!

10月25日にリリース開始!「ブレイドエクスロード」が新たな無料スマホゲームRPGのマスターピースに!?

「ブレイドエクスロード」は超王道ファンタジーRPG!

スマホRPGの新たなスタンダードになりうる作品が登場です。

野沢雅子さんや神谷浩史さんなど豪華スタッフが送るこの作品は、今年最後の大型スマホゲームといっても過言ではないでしょう。

バトル画面はこんな感じ!

FFっぽい雰囲気がありますね。

今ならリリース記念として、豪華報酬が入手出来ます。

遊ぶなら絶対に今です!

今年最後のお祭り的このゲーム、RPG好きなら遊んだら必ずハマると思いますよ!

ブレイドエクスロードを無料で遊んでみる場合はこちらをタップ!!

※DLの所用時間は1分以内。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。

食戟のソーマのネタバレ感想223話。224話の予想。サポート制度忘れてた…。

スポンサーリンク

女木島が旅館を後にします。

「……さて……わりぃな。

そもそも俺は北海道のラーメン屋たちに
助力するため来たってのに

ちょっと寄り道することに
なっちまった。」

ラーメン仲間たちは気持ちよく
送り出してくれました。

「いえ!あのボウズには見所があります。」
「どうぞ助太刀してやってきてください!」

「いってらっしゃい若———!!」

仲間の一人が女木島に言います。

「しかし若…挑発に乗ったのは本当に意外でしたぜ。
あの食戟ぎらいの料理人がねぇ。」

「ん……なぁんか引っ張られちまうんだよな。
あいつには。

奴が訪ねてきたときから
気づいてたのかもしれねぇ。」

— 幸平創真って男の可能性に———!! —

場面は再び連帯食戟の現場に戻ります。

第1カード
司瑛士 VS 久我照紀
テーマ食材:緑茶(茶葉)

第2カード
小林竜胆 VS 女木島冬輔
テーマ食材:唐辛子

第3カード
斎藤綜明 VS 美作昴
テーマ食材:マグロ

川島が司会進行します。

『 さぁさぁ益々の盛り上がりを見せていく2nd BOUT。

調理の仕上げに差しかかろうと
しているカードもあるようですぅ!! 』

反逆者チームも全員興奮して見守ります。

佐藤が久我の方を見ます。

「お、そうだ第1カードはどうなってる!?

一番お題の縛りがキツそうだけど……。」

伊武崎がふと気づきました。

「……ん!?」

吉野が驚きます。

「うわ、ビックリした!
どしたの伊武崎。」

「いや……気のせいかもしれねぇけど…
久我先輩——

緑茶……まだ使ってなくね……!?」

「え!あ、本当だ!!」

「おいおいもしかして…勝利を意識しすぎて
肉の調理にいっぱいいっぱいで
緑茶のこと忘れちゃってんじゃねぇか!?」

反逆者チームに動揺が走ります。

「マジかよ!気付け—————
久我パイセーン!!」

「お茶!お茶〜〜〜〜〜!!」

司が小皿に茶葉を入れます。

「!」

ソーマが司の調理に目を向けます。

— 司瑛士……! —

反逆者チームが驚きました。

「おい見ろ司先輩の台!
茶葉が4種類も!!?

あれ全部料理に使うのか!?」

丸井が言います。

「……そうか!

この緑茶というお題…料理の選択肢が
だいぶ絞られるとおもっていたが
実はまるで逆!

“緑茶”という言葉が定義する範囲は広く…
その活かし方も多様だったんだ!」

— そもそも緑茶とは…

摘み取った直後に熱処理することで
酸化酵素の働きをストップさせる
“不発酵茶”の事であり、
日本茶全般を指す言葉だ。

煎茶・玉露・ほうじ茶・冠茶などがあり
味も香りもそれぞれ異なる。

それらの豊かな香りを料理に移すもよし。

苦味・渋味をアクセントとして活かすもよし…
方向性は数限りない…! —

スポンサーリンク

佐藤や青木は釈然としません。

「いや、でもいくら範囲が広いからって
お茶っ葉を何個も何個も使えばいいって
もんでもねぇだろ。」

「だよな……一緒くたにしちまったら
個々の香りが打ち消し合いそうだしなぁ。」

ソーマは調理する司をよく観察します。

「んーや…そこは流石第一席だ……。
【対話】の方はばっちりみたいだぜ…!」

司はそれぞれの茶葉にゆっくりお湯を落とします。

— さぁおいで

そう……怖がらずに
俺のところへ——…! —

煎茶は熱湯で30秒…。
渋味成分カテキンを適度に引き出す。

玉露…60℃で2分!
低温の湯でうま味成分をじっくり浸出。

玄米茶はうま味・渋み成分の総量が少ないので
95℃の高温で30秒…香り高く淹れる。

深蒸し煎茶は含有成分が溶け出しやすいため
80℃の短時間で完成します。

湯を沸かすのに使っているのは南部鉄器。
お湯のカドが丸くなり、まろやかな
口当たりになると言われています。

沸かしたお湯は茶器に移し、4つの茶葉
それぞれにとって最適な温度まで下がるのを
待ちます。

そして優しく茶葉を蒸らし、素材の潜在能力を
最大値まで輝かせる———

見事なまでの手際で欠点がどこにも
見つかりません。

シャルムが言います。

「あの気品すら感じさせる所作……。

食材を自由自在に操り従えさせている
というよりは……むしろ——。」

薊も同意します。

「そう……実のところは逆なんだろうね。」

— 調理中の司瑛士は……
食材という君主にどこまでも
深い敬意をもって傅く

一振りの剣なのだ———!! —

田所が呟きます。

「食卓の白騎士(ターフェル・ヴァイスリッター)…!

緑茶に対する完璧を超えた仕事ぶり……。
一体どうやって対抗したらいいんだろう——?」

一心不乱に調理する久我に司が言います。

「さっきからずっと中華鍋に集中してるみたいだけど…
大丈夫か?久我。」

久我が横目で司を見ました。

さらに司は話続けます。

「一本気なのは悪くないことだけどさ、
でも以前から思ってたけど……

己のフィールドに閉じ籠りがちなのは
わるいクセかもな。

緑茶…日本茶って素材のことを
おまけみたいに考えてるんじゃないか?

お題を活かすことは、時に自分を抑えること
でもあるはずだ。

一つのこだわりに囚われていては…
新しい美味には届かない事もある。

久我の熱意は認めてないわけじゃない…。
でもな、今のままじゃいつまでだって
俺には勝てない——って思うよ。」

『 それはどうかなァ? 』

突然男の声が割って入りました。

瓶にガポッと蓋をして久我に投げます。

久我はパシッとその瓶を受け取りました。

「何だ……!?あの瓶…!
なんか…黒っぽい液体が入ってる……?」

アンや竜胆、会場の観客も驚きます。

『 チームメンバーの調理をサポート
することが認められている。

それが連帯食戟だったよなァ……? 』

美作昴が言いました。

久我が茶葉を取り出します。

「ご苦労、美作ちぃん!!」

「な…!?ここで久我が茶葉を取り出した!?

もしかして美作があの液体を寄こすのを
待っていたのか!?」

「何だとぉ!?それじゃつまり美作のやつ…
敵だけじゃなく、

【味方のこともトレース】して
サポートしたって事か!!?」

美作の快挙に反逆者チームは盛り上がります。

「出た————!!
周到なる!追跡者(パーフェクトトレーサー)!!

美作昴————!!!」

美作が久我のモノマネで答えます。

『 ちょりちょりちょり———っす!!
久我照紀だよ〜〜〜〜〜んっ。

今日こそは憎っくき憎っくき
司っさんに一泡吹かせちゃうっつーの!! 』

「うんマジそれやめて。」

久我が速攻真顔で拒否します。

「でもサンキュねっ!!」

黒酢などの調味料を取り出しました。

スポンサーリンク


ソーマも力強く応援します。

「おっしゃあ、やったれ久我先輩!!
美作ぁ———!!」

えりなが勝負を見守ります。

— さぁ…見せてやるのよ。

反逆者の【 連帯 】を!! —

今週はここまでです。

すっかり忘れていました!サポート制度…。

どーやってやるのかなーと思ってたのですが
こんな感じなんですねー。

でもこれ自分の料理作りながら相手の料理
サポートするって超難しくないですか!?

美作すごいなぁ!

顔芸は…いや、顔芸じゃないんだけど
トレースしきれていない!!残念!

しかし久我先輩がお題の茶葉忘れてるかもって
みんな心配してましたが、それはないだろう!

そこまでアレじゃないだろう久我先輩は…。

ここから来週の224話の予想です。

竜胆VS女木島の対決は取り合えず置いとくんですね。

まずは司VS久我ですが、両者の料理はまだ
さっぱり分かりませんね!

そもそも美作が投げたあの瓶の中身は何?

久我は中華料理ってわかるんだけど
司は何料理なんだ…フランス料理…かな?

みんな今のところ、自分の得意ジャンルに
そった料理を作ってますしね。

やっぱりイタリアンの人が和食とか
フランス料理の人が中華とかは作んないか…。

この次はもう少し料理の形が
見えてくるといいなぁと思います。

来週も楽しみです。

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク