ブラッククローバー ネタバレ 感想 103話 104話 予想

カホノの提案でアスタとノエル、キアト、カホノで
星果祭をWデートすることになりました。
その続きです。

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

ブラッククローバーのネタバレ感想103話。

スポンサーリンク

「さあっっWデート開始~~~~~!!」

カホノは両手を広げて大はしゃぎです。
が、その後ろでノエルはあわあわしています。

(だだWデートって…だだ大胆すぎだわ!!)

― カホノ…こんなこと言うなんて…
アスタのこと…もしかして………!?! ―

ノエルはやきもきしはじめ、キアトは
(カホノ…!オレと海神の女神をくっつけるために…!)

― さすが我が妹……!!お兄ちゃん頑張るよ―!! ―

と妹に感謝し、アスタはやっぱりWデートの
意味すら分かってません。

発案者のカホノは

(フフフ ノエル!このままだと私がアスタとお祭り
楽しんじゃうよ~~~)

― 闘って勝ち取らないと何も叶えられないよ!! ―

ノエルを煽る気満々です。

早速アスタの腕をぐいっと組んで

「ほらほらアスタ!めいっぱい遊ぼ~~~~!」

「お おうっっ!」

と祭りに繰り出します。

ノエルはあわわわわ腕なんか組んじゃってまあと
固まっています。

その後順調に4人で祭りを回り、
屋台や大道芸、射的などを楽しみます。

「わぁ―――――い!!魔力操作ゲームで商品ゲット~~~!!」

「すげーぞカホノぉぉぉ!!オレ魔力ねーから
まずゲーム出来ねぇぇぇ」

カホノとアスタは楽しそうにハイタッチします。

そんな二人の様子を見てノエルは少しもやもやします。

(……あの二人…何だかお似合いね)

はっ として何で私がそんなこと気にしなきゃいけないのよよよ
と取り乱します。

カホノはアスタにこしょこしょっと

「ねえアスタ!アスタにとってノエルってどんな存在??」

と聞いてみました。

「どんなって…ん―――そーだな~~~…」

答えようとしていた所に子供の泣き声が聞こえてきました。

「おかあさ~~~~ん」

女の子が一人、人ごみの中で泣いています。

「オーイ大丈夫…」

アスタが女の子に声をかけようとした時
周りの人達の声が聞こえてきました。

「…迷子か?」

「親はどうしたんだ?」

「あの身なり…」

「何てみすぼらしい…!出稼ぎに来た下民の子かしら」

「うるさいなぁ…下民はやはり躾もなってないようだ」

「下民が星果祭の楽しいムード壊すなよな、まったく…!」

アスタは以前聞いたシスターの話を思い出します。

―― 上の界では高魔力の人しか生きていけない。
低魔力の下民への差別があるの…

…同じ人間なのにね… ――――

するとノエルがスッと泣いてる女の子に元にかがみこみます。

「どうしたの?何をそんなに泣いてるの?」

女の子に聞いてみますが、口調がきつくて
女の子が泣き止みません。

「ほらっ!泣いてばかりじゃわからないじゃないのっっ!
しっかりしなさい!」

そんな二人の様子を見て、アスタはひらめきました。

「見てろよ~~~ほっほっほっ」

大道芸人のようにボールに乗り、小さいボールで
お手玉をします。

それを見たカホノは即興で歌を唄います。

『 ポンポンポ―――ン♪なんでもできるぞ超人アスタ――♪

背ぇ小さいけど声デカイ―――♪

あったまワルイけど筋肉モリモリ♪』

「なんか悪意ない!?」

アスタがつっこみます。

今度は歌に合わせてキアトが踊ります。

『 魔法使えないけど、どんな魔法もいっとーりょーだん♪

魔法使えないけど不可能なんてない 超人超人超人アッスッタぁ――♪ 』

三人の息の合ったパフォーマンスに
周りの人達も歓声を送ります。

泣いていた女の子もすっかり夢中になりました。

(海神の女神よ…!見てくれキミに捧げる舞を…!)

スポンサーリンク

そんなキアトの踊りはまったく見ずに、ノエルは女の子に聞きます。

「アナタの名前は何ていうのかしら?」

「エマ!」

笑顔になった女の子は答えます。

唄い続けるカホノにノエルが言います。

「カホノ!歌魔法でこの子の名前を周りに伝えられないかしら!?」

「そうか―――!任せて~~~~~!」

すぅぅ~~~っと息を大きく吸うと

『 エ マ 』

と歌魔法に乗せて、街中に聞こえるように言いました。

そのかいあって暫くして女の子のお母さんが来ました。

「よかったな!母ちゃん来てくれて」

喜ぶアスタに女の子がお礼を言います。

「おねーちゃん達ありがと――」

お母さんは女の子に言います。

「お母さんは働きに来ているんだから…
アナタもじっとしていなきゃダメだって言ったでしょ!?」

「ごめんなさい…お祭り…楽しそうだったから……」

お母さんはノエルにも

「本当にありがとうございました――…」

と言いかけてノエルの服の装飾に気付きました。

「! その飾り――……!!王族…シルヴァ家の……!?」

驚いて謝りました。

「も…申し訳ございません―――!!
娘が何か粗相をしませんでしたでしょうか…!?」

周りの人達もノエルが王族のシルヴァ家の人間とわかり、
ざわつき始めます。

ノエルは言います。

「―――そう私は王族よ。
この国で最も魔力が優れているとされる者…。

だからこそ、誰にも手を差し伸べるべき…!

自分の方が上だと自惚れ周りを蔑むなんて
そんなもの、心が貧しい者のすることだもの」

その言葉に周りの人達もギクッとします。

ノエルは女の子の頭に手をのせ言いました。

「―――エマもお祭りを楽しんでいいのよ…!

王族も貴族も平民も下民もないっっ!!

みんな一緒に楽しみなさい―――っっ!!!」

拳を振り上げて言うと周りから歓声が起きました。

アスタはそんなノエルを笑顔で見ています。

― アスタにとってのノエルって――… ―

さっきのカホノの質問を思い出していました。

「そうだなぁ――――

ノエルのこと 好きっちゃ好きみてーだなぁ」

突然アスタから向けられた言葉にノエルは
真っ赤になって固まってしまいます。

「~~~な゛っっ…何いってんのよ急に――――!!?

頭オカシイんじゃないの~~~~~!!?」

思いっきりアスタを突き飛ばしました。

「ぶわぁぁぁぁ」

アスタが遥か遠くへ飛んでゆきます。

カホノは苦笑いしてため息をつきました。

「やれやれ、鈍感男とツンデレ娘なんだから」

まだ赤くなってるノエルに言いました。

「それじゃーノエル!今度は私とデートしよっ♪」

キアトは えっ と焦ります。

突き飛ばされたアスタはびしょ濡れになりながら
皆の所に戻る途中でした。

「ちくしょ~~~~ノエルのヤツ いきなり何すんだ」

めっちゃ飛んだよ!? とブツブツいいながら歩いていると
男たちがざわざわと遠巻きに誰かを見ています。

「オイ! アレ見ろよ!」

「うぉ――すっげー美人…!」

「可憐だ…!」

「どこかの名家のご令嬢か…?」

「ちょっとオマエ声かけて来いよ!」

「いやムリだろ!」

銀髪の綺麗な女性がテラス席に一人座っています。

アスタもほえ――…と見とれてしまいました。

(確かにすげーキレーな人…)

するとそこへ酒に酔った貴族らしい男が従者を連れて
女性の元へ寄ってきました。

「お~~~~うむうむ麗しい!
よし!今宵の相手はそなたに決めた!

まずは一緒に祭りを楽しもうか。
さぁついて参れ」

「あれは…バミルトン家のバルマン男爵…!」

女性はスルーして一言も口を聞きません。

男爵は強引に女性の手を掴みました。

「ん~~~~!?この私を無視するとは…イイ度胸じゃあないかい!」

アスタが

「…オイ――」

と、止めに入った瞬間茨の群れが男爵たちを襲います。

「え」

アスタも一瞬止まります。

「…貴様こそ…」

女性が口を開きました。

そこへソルが洋服を持ってやってきます。

「せっかくのお祭りなんですから、
もう少しおめかししちゃいましょうよ~~~~♪

――――って…
何してんですか!?姐さんっっ!!」

「私を誰だと思っている」

茨の剣を手に女性が言いました。

「この魔法は………!!碧の野薔薇の団長ぉぉ――」

アスタもビックリです。

今週はここまでです。

相変わらずアスタは天然たらしだ…。

でもノエル良かったですね!
大分距離が縮んだ感じがしますよ。

それにしてもビックリなのは
お兄ちゃんのスーパーポジティブですよ。

ノエルにあれだけシカトされても
まるで気付いてない!

どころかノエルがアスタを好きな事も
まるで気付いてない!

ノエルもお兄ちゃんの気持ちに
まるで気付いてない!

三者三様に鈍感なんですね…。

あとカホノの作詞はどーなんだ…。

ここから来週の104話の予想です。

まさか碧の野薔薇の団長が出てくるとは。

ノエルと兄妹かと勘違いしてしまいそうな程
惚れた男への態度が一緒なんですが…。

ツンデレ仲間ですね!

もしかしたらヤミ団長も出てくるのかな?

ヤミ団長とは年齢、一つしか違わないんですねー。
大人の恋愛だぁ。

ぜひ進展してほしいけど無理そうだなぁ…。

名前、シャーロットっていうんですね。
それすら知らなかった…。

アスタは人の懐に入るのがうまいので
ぜひシャーロット団長と距離を縮めて欲しいですね。

来週も楽しみです。

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク