編集部の出来事が書かれたヒットマン。

こう言う業界も色々と大変そうですよね。

今回の6話では栄光と挫折が描かれているようです。

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらか、上の画像をタップ!

ヒットマン(マガジンの漫画)6話のネタバレ・感想。7話の予想。

スポンサーリンク

龍之介はなんとか論理的に作品を見る事ができるようになってきた。

4ヶ月間よく頑張りましたと褒められる。

天谷さんも少しはマシな事をいうようになったと言っているようだ。

そして会議が始まるが、龍之介の担当の新人作家の小鳥遊は早い速度で作品を仕上げている。

周りからも評価され、作品の新人賞の結果がこれから出るところだ。

新人漫画賞の選考結果は半年に一度の恒例行事。

龍之介の担当の小鳥遊は凄く良くなってきたので、龍之介は絶対に何かしらの賞に入っているはずだと意気込む。

しかし1位で入選したのは浅間が担当の作品だった。

龍之介は驚く。

そして龍之介の名前も呼ばれる。

なんと、同率1位で小鳥遊の作品が入ったのだ。

龍之介は喜び、編集部に伝える。

しかし周りの反応は冷ややかだ。

3年目の編集者の仲田が怒られている。

「新入社員が揃って入選しているのに、3年目のお前は5本も出して全て落選。

情けない話だな。

今のままだとお前は編集者としての価値ゼロだぞ。」

龍之介はあんなに怒らなくてもいいのにと思うが、編集部員たちはまたも冷ややかな反応。

「俺たちの仕事は作家の力を引き出し、それをしっかりと仕事に繋げる事。

編集者の価値はそれでしか測れないだろ。」

「己の正義を貫きたいのであれば、死ぬ気で戦いなさい。

ようこそ戦場へ。」

龍之介は編集部員たちの迫力にゾクッとした。

その後、小鳥遊に結果を伝える。

「俺たちもっと頑張らなきゃいけないな。」

その言葉を聞いて小鳥遊は「すみません。私の力不足で」と勘違いする。

「いやいや、入選だよ!」と龍之介は言い換えるが、小鳥遊は「最初からそう言ってくださいよ!」と怒る。

そして小鳥遊は泣きながら「嬉しいです。」と言うのでした。

龍之介は「俺の正義はこいつを日本一の漫画家にする事だ」と心に誓った。

スポンサーリンク

ヒットマン6話の感想

編集部・漫画業界の厳しさを感じる話でした。

喜ぶ人がいれば悲しむ人もいるって事ですね。

こう言う業界だと勝ち続けていくしかないんでしょうけど、厳しい世界です。

小鳥遊は才能がありそうな感じなので、もしかしたら下克上出来るかもしれませんね。

周りの重圧に負けずに龍之介と小鳥遊には頑張って欲しいです!

ヒットマン 7話の予想

新人授賞式で大波乱が起こるようです。

最後にチラッと書いてありました。笑

どんな波乱が起こるかはわかりませんが、楽しみですね!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらか、上の画像をタップ!

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク