ブラッククローバー ネタバレ 感想 93話 94話 予想

「今度はもう死なせない!!!」
と、マルスとアスタ二人で自爆魔法を発動したファナに
突進して行くところからの続きです。

ブラッククローバーの記事一覧はこちら!

絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!

 

漫画村が無くなって無料で漫画が読めなくなった!と困っていませんか?

そんな方に朗報です!

漫画村ではない、安全で合法的に漫画を無料で読む方法を伝授致します!

無料で漫画を読む方法はこちらの画像をタップ!

ファナの暴走も頭痛も収まらず、
サラマンダーの火球をアスタとマルスに乱射します。

二人もそれぞれ反魔法の剣と鉱石創成魔法で
サラマンダーの火球ををかわし続けますが、
爆発までのタイムリミットは数分とありません。

「オレの剣の間合いまで突っ込んで
自爆魔法なんか解除してやる!!」

スポンサーリンク

そう言って近づいた瞬間、マルスとアスタの体が、
サラマンダーの熱気でジュオッと燃え上がります。

これ以上進んだら消し炭になっちまう!!

その時、マルスの炎回復魔法”不死鳥の羽衣”で
二人の全身の焼け跡が回復していきます。

「いけるか…!?」

マルスの問いかけに

「おう!!
消し炭になんねー限りどこまででも行けるぜー!!」

アスタは応えます。

その様を見て、マルスは感心します。

— コイツは…凄いヤツだ。

数々の使い手と戦ったがこれ程諦めの悪いヤツに会ったことがない。

そして…不思議なヤツだ。

敵か味方かわからない自分を説得して助けようとしている…

コイツほど人を護り助けようとした者はいない。

本当の意味で体現している…

コイツこそが…

本物の”騎士”!!—

アスタもマルスに大丈夫か聞き返します。

「問題ない…!!こんな痛みはファナの苦しみに比べることも出来ない!」

そのマルスの様子にアスタもまた、驚きます。

最初に戦った時には殺人人形のようだったのに
こんなにあったかい気持ちのヤツだったのかと。

— 研ぎ澄まされたデカイ力と、誰かを救おうとする固い意志…

今のコイツは砕けねぇ!! —

そんな二人の様子を少し離れた場所から見ていたファンゼルは
後ろにいるノエル達に叫びます。

「もう爆発まで間がない…!!君たちだけでも避難するん—…」

ですが、ノエルもフィンラルもバネッサも
アスタ達を見据えてそのままその場を動こうとしません。

その様子にファンゼルも最初は驚きましたが
力なく笑って自分もアスタ達を見据えます。

— 私も二人を信じて…見届けよう…!!

二人は回復魔法を纏いながらじりじりと近づきますが、
サラマンダーの炎は凄まじく、回復魔法も追いつきません。

全身の皮膚を焼かれながらも徐々にファナに近づき
もう少しでマルスの手がファナに届きそうな所で、
ファナの炎がさらに激しく燃え上がります。

「終わりよ…!!」

ファナが言葉を発した瞬間、アスタがサラマンダーを
一刀両断します。

「終わらせねぇぇぇぇ!!!!」

ズパァンと切られたサラマンダーはすごい勢いで消滅していきます。

スポンサーリンク

「や…やったー!!!」
ノエルが喜んだのも束の間、ファナの憎悪で再び炎が燃え上がり始めます。

「…消えない…私達の憎しみは…消えない…!!」

アスタがその様子に焦った瞬間
横からマルスが飛び出します。

そして魔導書を投げ出してファナを抱きしめて叫びます。

「オレだー!!!ファナ!!!オレなんだ!!!
本当にすまなかった!!あの時一緒に戦う力が無くて…!!
オレを許してくれー!!!」

一瞬ファナの脳裏に激しい頭痛と共に
二つの記憶がつぎはきによみがえります。

一つは幼き日のマルスとの思いで。

一つは誰かの後ろ姿

「— のように…人間の中にも澄んだ魔を宿した者がいるんだ…」

炎の中、血まみれの手を伸ばし呪う言葉をつぶやく。

「赦さない…!!絶対に…赦さない…!!」

混乱する記憶と激しい頭痛にファナが叫びます。

「うぅ…ぁあああぁぁぁぁ」

マルスも叫びます。

「…外の世界で出会ってしまったけど…まだ始まってない!!!

一緒に世界を見に行こう!!!!」

その瞬間ファナの炎がブワァッと燃え上がります。

ファンゼル、アスタ、そしてマルスも驚きますが
その炎は徐々に鎮火していきファナの額にあった
第三の目がボロボロと消滅していきます。

そしてそこにはファナの笑顔がありました。

「—…うん…約束だよ マルス…!」

マルスは目を見張り、涙があふれだします。

「あぁ…!ファナ…!」

焼け焦げた、まだかすかに炎がくすぶる森で
アスタとファンゼルが見守る中二人はずっと抱きしめ合いました。

今週はここまでです。

ファナ、助かってよかったです。

しかし途中のあの二人の燃えっぷりはすごいですね。

気持ちも燃えてましたが、体もだいぶ燃えてましたよ!

いくら回復魔法があったといっても、あれは死ぬレベルなのでは…。

素朴な疑問ですがあの第三の目がなくても、
ファナはサラマンダーを使えるんでしょうかね。

もともと炎魔法は使えてたようですが、それとこれはまた別なのかな。

なんにせよ、マルスの初恋は報われましたね。
愛の力が呪縛を解きましたよ。

予想通りといえば予想通りなのですが、
やっぱり見ててホッとします。

ここから来週の94話の予想です。

さて、正気に戻ったファナですが、あの第三の目がどこかにいってしまったし、
ダイヤモンド王国に帰れるのでしょうか。

もしかしたらマルスもファナもこのまま亡命もありかもです。

ファンゼル先生もいるしね。

そもそも何も弱みを握られていないのなら
マルスもダイヤモンド王国にいる意味もないのではないでしょうか。

アスタの腕も治ったし、魔女の森の女王が何か有力な
情報を持っているような気もするのですが…。

あと忘れた頃に、ラドロスが現れるかも!

来週がどうなるのか、楽しみですね。

というわけですが、最後までお読み頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク